道東に行ったなら、網走の「北方民族博物館」で北方民族の文化を知ろう

北海道は四季折々の雄大な風景が楽しめ、いつ行っても楽しめますよね。
でも風景を楽しむだけでは勿体ないほど、ユニークな文化があります!

道東の網走方面に行かれたなら、「北方民族博物館」がお勧めです。
この博物館では、アイヌ文化を知ることができて、さらにアイヌ文化に繋がるイヌイット、北方民族の歴史や暮らについて触れることができます。

北方民族博物館へ

北方民族博物館は、網走駅や網走市内からは少し離れています。
車ならわりあい近くなので、公共機関を利用の場合は網走駅からタクシーが良いでしょう。

北方民族博物館には常設展示と特別展示があります。
常設展示の方が広いので、常設展示を見て回るだけでも十分ですが、その時々で展示物が変わる特別展示もお勧めです。

この北方民俗博物館ではアイヌの生活を紹介しているだけではなく、イヌイットやエスキモー等、寒い地方に住んでいる部族の道具や暮らしも紹介されています。
いろいろな北方民族が着ていた衣服が展示されているのですが、どれも独特のデザインで素敵ですね。

アイヌの男性の衣装が展示されているのですが、アイヌは倭人と交流があったからか、日本の文化も混じっている印象です。
鞄や帽子なども独特のデザインで見ていて飽きません。

住居や道具の展示も・・・

また住居も展示されているのですが、冬の狩猟民族のベースキャンプとなり竪穴住居、高床式倉庫などがある木造住居など様々な展示です。
季節によって移動したりする民族が多く、いろいろな生活様式がわかり面白いです。

その他にも、宗教や催事に使われ対象や道具の展示。
狩猟に使われた弓矢などの展示など、どの道具も装飾が独特で見応えがあります。

北方民族博物館、アイヌ文化を知るだけでなく、歴史が好きな人や北方民族の暮らしや歴史に興味がある人にはすごく面白い場所だと思います。

最後に

北海道立なので入場料も比較的安く、展示も綺麗で内容も濃密なのでとてもお得です。
観光で少し時間が余った時などにもお勧めですが、詳しいことも書かれているので、ひとつずつじっくり見れば1時間ぐらいはかかります。
是非、立ち寄ってみてください。

※画像はイメージです。