名産品を探し「道の駅 サンフラワー北竜」へ

※当サイトは、Googleアドセンスおよびアフィリエイトプログラムに参加しており広告表示を含んでいます。

北竜町の名産品を探して、道の駅・サンフラワー北竜に行って来ました。
国道275号線で北竜町に入ると、2頭の龍に守られた西洋風のお城のような建物が目に入って来ます。
パッと見ただけでは一体何なのか見当がつかない建物。
これが道の駅・サンフラワー北竜です。

ここは特産物を販売するコーナーやレストランだけでなく、温泉とホテルも兼ね備えた道の駅なんです。

目次

ひまわりの里らしい品揃えの特産物コーナー

館内に入って特産品コーナーに向かうと目につくのが、北竜町自慢のひまわり関連品のコーナーです。
黄色主体の看板とディスプレイが目立つ目立つ。

並べられているもので気になったのは、北竜産ひまわりの種を100%使ったひまわり油。
ひまわり油の持つオレイン酸には抗酸化作用があり、アンチエイジングにピッタリ。
悪玉コレステロールも退治してくれるので、成人病予防にも効果ありです!!
ひまわり油を使ったドレッシングもまた名物の一つです。

その他にも道産の食材を使った加工品が並んでいました。
道産リンゴ使用の「旨みソース」に「焼き肉のタレ」。
道産丸大豆使用の「万能このみだれ」なども置かれていて、ただかける、つけるだけじゃなく色んな料理に使えるとの事でした。

嬉しい発見!!地産地消のレストラン

ロビーを挟んで特産品コーナーの向かい側には、地元北竜のお米「おぼろづき」や黒千石大豆をはじめ、ひまわりの油粕を混ぜた餌で育てられたひまわりポーク使用の料理をたのしめるレストラン「風車」があります。

ランチ限定ですが、丼からタレが浸み込んだ豚肉があふれ出ている「ひまわり豚丼」はかなり魅力的。
黒千石のきな粉を練り込んだうどんなんていう珍しいメニューもあります。

道の駅の楽しみの一つは、館内のレストランで地元の食材が味わえるところですから、こういうメニューが並んでいるのはとっても嬉しいですよね~。

温泉でゆったり、ホテルでの~んびり

館内には加熱ではありますが、日帰り入浴もできる源泉100%かけ流しの温泉があり、露天風呂やサウナ、打たせ湯、ジャグジーなども楽しめます。

併設のホテルでは、朝夕地元産食材を中心とした食事を楽しむことが出来、もちろん温泉も利用出来るので、ゆっくりと北竜町の良さを味わえそうですね。

夏場には建物の裏手にあるひまわり畑がひまわりでいっぱいになり、それがまたこの道の駅の名物でもあります。
というわけで、北竜町の道の駅 サンフラワー北竜を紹介しました。

※画像はイメージです。

この記事いかがでした?
良かったイマイチ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\ コメントくださ〜い /

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次