あの作品の舞台?意外な観光スポット?歴史と自然の「北海道大学札幌キャンパス」

学びながら?自然を楽しみたい!
色々な作品の舞台を訪れたい!
そんな気持ちから足を運びました。

北海道大学について

北海道大学は明治期から続く歴史ある大学であり、北海道を代表する研究機関でもあります。
札幌駅から徒歩5分という、190万都市の中心部にありながらも別世界のように自然豊かで美しい札幌キャンパスは、大学でありながら地元の方や観光客が非常に多く訪れる人気のスポットです。

映画「こんな夜更けにバナナかよ」、男性アイドルグループSEVENTEENの「????(Pinwheel)」、アニメ「アルゴナビス from BanG Dream!」、漫画「動物のお医者さん(佐々木倫子作)」、小説「続 氷点(三浦綾子作)」などなど、様々な作品の舞台となった名キャンパスです。
最近では東京オリンピックのマラソンコースにもなりましたね。

キャンパス内の歩き方!

まずは入口、正門を入ってすぐに広がる「中央ローン」は憩いの場。川で水遊びをしたり、虫取りしたり、芝生に座ってのんびり読書したり……老若男女問わず思い思いの時間を過ごしています。

中央ローン

おしゃれなカフェ「北大マルシェ」で道産素材をたっぷり使った美味しい料理で腹ごしらえしたら、さっそく構内の探索に出かけましょう!

右手には明治期に建てられた歴史ある建築物、国の登録有形文化財でもある古河記念講堂があります。緑の中で白が映え、瀟洒な佇まいがとても美しいです。
今も学生たちを見守り続けるクラーク博士の胸像を過ぎれば、まっすぐに伸びるメインストリートが目の前に。「続・氷点」において主人公の陽子が一番好きだといった光景が広がっています。

メインストリート

インストリートをまっすぐ進むと

メインストリート沿いには東京オリンピックにおける20キロ、30キロ、40キロ地点のプレートが埋め込まれていますので、ぜひ足元をじっくり見て探してみてくださいね。
途中にある博物館はなんと入館無料!(月曜休館、10時~17時)大学ならではの貴重なコレクションや興味深い研究内容を見学するだけで、時間が飛ぶように過ぎ去っていきます。

ガラス張りのセイコーマートを過ぎれば、右手には銀杏並木が。
秋には「金葉祭」が行われ、立ち並ぶイチョウの美しさを一目見ようと大勢の人が詰めかけます。

東京オリンピック地点のプレート

濃厚な自然の気配を感じよう!

しばらくしてメインストリートから左に逸れると、鬱蒼たる原生林に迷い込みます。
それを抜けると眼前にそびえる、立派な平成ポプラ並木。
こちらは構内にある2か所のポプラ並木のうち、平成12年に植樹された新しい方のものです。

青空をバックにまっすぐに伸びるポプラの木は、眺めているだけですがすがしい心地になりますね。
傍らには農場があり、牛やひつじがのんびりと草を食んでいる風景が楽しめます。
ここには男性アイドルグループSEVENTEENによる「????(Pinwheel)」MVで、ジョンハンさんが座っていたフェンスがあります。

農畜産業の歴史に思いを馳せて

メインストリートに戻り、さらに進んでいくと赤い屋根が特徴的なモデルバーンを要する第2農場にたどり着きます。明治期における最先端の畜舎が立ち並んでおり、国の重要文化財にも指定されています。内部の歴史資料や農具などから当時の光景が蘇ってくるようです。

反対側には獣医学部。正門から最も遠い学部であり、ここが「動物のお医者さん」の主人公らが過ごした場所になります。なお、建物内は関係者以外立ち入り禁止となっております。

古河記念講堂

さいごに

ここに挙げた見どころスポットはほんの一部!キャンパス内には沢山の歴史と自然が息づいています。自分だけのお気に入りスポットを見つけるのも面白いかもしれません。

あくまで学業・研究のための大学であることに留意したうえで、ゆったりと楽しみましょう!

【注意】感染状況により、大学関係者以外の立ち入りが禁じられる可能性があります。詳しくは大学ホームページをご確認ください。

サブカル・珍スポット・聖地の最新記事8件