冬の北海道旅行、これだけはもって来て!

北海道の冬といえば、寒い!雪が多い!とにかく寒い!
でも、道外出身の私としては冬のほうがワクワクするんですよね~!
きれいなパウダースノーはもちろん、寒い北海道でしかできない体験や冬のグルメ。

冬こそ北海道観光おすすめしたいのですが、本州とはレベルの違う気温と積雪量。
どれだけ寒いの?と想像もつかないという方に、今回は冬の北海道必需品を紹介したいと思います。

もちもの編

空港を出たら、思ったより極寒!てことは多々あります。
本州でできる限りの防寒対策したつもりが、北海道に到着したら・・・あれれ?
現地調達できるものもありますが、持って行けるなら最低限準備しておくお勧めグッズを紹介します。

手袋

氷点下の気温だとあっという間に体が冷えます。そのときに露出している場所を減らすことがポイント。
外に出て寒くなったらするのではなく、出るときは必ずするのが大事です。雪を触ると濡れてしまいますので防水素材のものがおすすめです。

耳あて・ニット帽など

これも手袋と同じです。
訪問するのは主に札幌などの市街だからといって油断は禁物です。
冬場は-10℃とか気温が下がることはざらで、と耳もげる?ってくらい痛いほどの冷たさです。
ニット帽などで耳まで覆うか、耳あてで守りましょう。

ネックウォーマー・マフラー

道民は案外している人は少ないですが、私の経験上、現地調達度が高いのがマフラーです。
行く場所によって、お店がすぐにみつかるとは限らないので持って行きましょう。
首があったまると体感温度が上がります。

スノーブーツ・冬靴

冬の北海道で快適に移動するなら、スノーブーツ・冬靴はマストです!
雪道に慣れていない方は特に!とにかく普段と同じように歩いたら滑ります。

1月~2月は根雪になっているので、除雪されていても凍って固まった雪の上を歩く事になります。
また、一日で雪が何十センチも積もることもあり、そこに足を突っ込んで歩く事もあり、やはりスノーブーツが最強です!

両手が空くカバン

リュックサック・ショルダーバッグなど、両手が空くカバンを持ち歩くのをお勧めします。
道民ですら雪道で転ぶことはあります。転びそうになったら両手が空いているほうがバランスがとりやすいですし、転んだ時に受け身が取りやすいです。
ちなみに私はリュックのおかげで、尻もちをついても頭は守られたってことが何回もあります(笑)

バッグの素材は革製品は避けた方がよいかもしれません。
雪で水染みになってしまう可能性があるのでお手入れが大変で、大切な物をダメにしてしまったら悲しいですね。

防寒具や服装について

北海道でも地域によって気温の違いはありますが、真冬は日中でも0℃以下の真冬日が続くこともあります。
東京のだいたい10℃くらい低いと思ってください。

外は寒いのですが、よく道民は暖房の効いた部屋でアイスを食べるいわれるほど室内は暖かく、室温がだいたい24℃~26℃くらいに設定されています。
ですから中に着込むと建物や家に入ったとたん、とんでもなく暑いって場合もあります。

温度調整できる服装がおすすめ。重視するポイントはインナーで防寒肌着などでしっかり防寒します。その分、アウターはダウンジャケットや厚手のコートをすぐ脱げるような重ね着をして、室内と野外の温度差を調整します。また露出している部分が冷えますので、できる限り、首・手首・足首が出ない服装が良いです。

ちなみに道民は雪でも傘はさしません。理由はカバンと同じで両手が塞がらないようにするためです。

あれば便利なもの

次にあれば便利だなと思うものを紹介しますね。

カイロ

使いたいときにすぐ出せるように持っておいた方が良いと思います。手先を温めたり貼るカイロで背中や腰を温めると効果的です。

防水スプレー

持って行かなくてもいいですが、外で雪に濡れる可能性があるので、濡れたくない物に事前に防水スプレーをしてから出かけましょう。

サングラス

南国や夏の旅行に持って行く方は多いと思いますが冬の北海道もあったほうがいいです。一面の雪景色で太陽が出ている日は雪に反射して目がやられます。スキー場みたいな感じです。
レンタカーを運転する場合もあると便利です。

予備の肌着や靴下など

雪で濡れた時のために予備があるとよいでしょう。足が寒いときのために厚手の靴下やタイツなどの予備があれば重ねて履けるので便利です。

屋内用の靴

外履きでスノーブーツなどを履いていると足が疲れたり、移動中の車や飛行機などで脱ぎたいときもありますよね。また、ホテルで食事会場やロビーではスリッパNGというときもブーツを履かなくてよいので便利です。

おわりに

いかがでしょうか?そんなに大変ではないですよね?!
まあ、冬靴は結構なポイントだと思います。他のことは最悪なんとかなると思うんですが、靴を現地調達するのは場所によってはちょっとハードルが高いかな?という気がします。
売ってはいますけれども、買いに行くまでに滑る道を歩かなければならないですし。

ちなみに道民は全員ダウン着てる?いえいえ、むしろ街中だとダウンのほうが少ないかもしれません。移動も車が多かったり、札幌の地下街もわりとあったかいです。
思っているより薄着っていうか本州の人と恰好は変わりません。でも、いざ雪が降っている、吹雪いている、となると頭から足の先まで隙間なく防寒バッチリします。
身の危険を感じる寒さですから、真冬の北海道観光を快適にするなら寒さ対策はしすぎることはないです!

また夏の北海道観光は気候もよくて人気がありますが、寒暖差が激しいので朝晩は冷えます。
日中暑くても10℃近く気温が下がりますので羽織るものや長袖の服は持っておいたほうがよいです。

寒さ対策をバッチリしてぜひ冬の北海道にもお越しくださいね!

写真はイメージです。

きになるの最新記事8件