観光気分でスポーツ?!札幌を味わう北海道マラソン

毎年8月に札幌市内で行われる北海道マラソン。
通常、日本の夏と言えば日差しも湿度もキツく、ランナーには過酷なものと感じられやすいですが、さすが北海道。
8月でも涼を感じ、爽やかな空気を味わいながら、街中を走って北海道の醍醐味を味わうことができるマラソンイベントです。

いよいよ再開!

コロナの影響により、2020年と2021年は中止になっていましたが、今年はいよいよ再開の年!
日本中のランナーが待ちわびた、8月に開催される予定の北海道マラソンです!

2年間走れなかった分の期待を秘め、多くのランナーがエントリーすること間違いなし!
そしてそれを応援する沿道のファンも多く集まることが予想されます。

大会当日は8時半がスタートで、フルマラソンの場合には6時間ほど、ファンランとして参加する場合には2時間弱が制限時間として設けられています。
尚、フルマラソンに参加できるのは2万人、今年はファンランは開催されません。

気になるコース設定

気になるコース設定ですが、フルマラソンの場合、大通公園を通ってすすきのを通過。
コースの中には、北海道大学や北海道庁、時計台も盛り込まれ、札幌の主要な観光スポット見ることができます。

フルマラソンの場合、きつさを感じるのが30キロを超えたあたり・・・。
経験者なら分かると思いますが、あと少しとわかっているのになかなか足が進みづらい・・・あの感覚。

我慢して35キロ地点を超えしばらく走れば、北海大学の構内に突入します。
私も北海道大学の構内を訪れたことがあるのですが並木道が整備されていて、とても癒しを感じられる場所で一気に区分が盛り上がります!
ゴールももうすぐ、ラストスパート!

この北海道マラソンが開催される時期には、緑も鮮やかですし、緑が太陽の暑い日差しを和らげてくれると思われますので、このきつい地点でもリフレッシュ感を感じることができます。

ゴール地点は大通り公園西4丁目

気になるゴール地点ですが、大通り公園西4丁目。
並木道が続く綺麗な通りになっており、沿道に集まる多くの応援の声を受けてゴール。

ランナーにとって、ゴールの瞬間というのは、非常に感慨深い地点です。
たとえタイムが早かろうと遅かろうと、達成感に満ちた感情を抱えてゴールするあの瞬間は、一生の思い出になります。

きっと北海道マラソンを終えた後も、北海道を訪れるたびに、ゴール地点を懐かしむことになるでしょう。

参加してみませんか?

この北海道マラソン、実は歴史は古く、1987年から続けられているんです。
日本国内で夏の時期に行われるマラソンとしては、日本最大級のマラソンとして有名です。

北海道はデッカイどう・・・なんて駄洒落が昔流行りましたが、マラソンにおいても、それは間違い無いですね。
北海道の観光の記念に、北海道マラソンに参加されてみてはどうでしょうか?

【公式】北海道マラソン2022

1987年に始まり四半世紀の歴史を積み重ねてきた北海道マラソン。日本国内で唯一、夏に行われるフルマラソン大会です。当サイ…

※画像はイメージです。

スポーツ・アウトドアの最新記事8件