北海道の冬の赤裸々

生まれも育ちも道産子です。
なかなか懸念される北海道の冬ですが、赤裸々に伝えたく執筆させて頂きます!

最初は白いけど…?

北海道の田んぼには、冬〜春にかけて沢山の白鳥が休憩しにやってきます。
Vの字になっての空での移動も見慣れた光景で、たまに1羽遅れていたりVの字が崩れていたりする姿もご愛嬌です。
やってきた頃は皆んな真っ白な白鳥たちなのですが、雪解けが進み、少しずつ田んぼの土が出てくると、段々薄汚れた白鳥になっていきます。(笑)

北海道の冬って…?

前置きはさておき、北海道の冬は氷点下は当たり前。
子どもたちはスキーウェアを着て登園、登校します。

小さなお子さんがいるお母さんは、お子さんをソリに乗せて引っ張りながら買い物に出かけたりもします。
中高生になると、制服での登校になりますが、道民は寒さに慣れているため、かなり薄着!

高校生の頃は、氷点下でもタイツを履かずに生足で登校していた私です。

北海道の冬の魅力!

北海道の冬は、空気中がきらきら…幻想的なダイヤモンドダスト、木々の上に降り積もる雪も魅力の一つ。

札幌大通り公園では、大きな雪像が立ち並ぶ雪まつりや、クリスマスシーズンになると、イルミネーション、ミュヘンクリスマス市など、とても魅力的なイベントが開催されます。
クリスマス市では出店で可愛い雑貨や美味しい食事、飲み物などが提供されますが、特に寒空の下で飲むスパイスの効いたホットワインがおすすめです。

北海道の冬に挑戦する前に!

冬に北海道に訪れる際には、靴と衣類に注意が必要です。

一つ目は靴。雪の降らない地方で履いているような靴裏が平らな物やスニーカーは滑りやすく、転倒してしまう可能性があります。
JRを利用すると外を歩かずに新千歳空港から札幌駅まで行くことができるので、現地で北海道仕様の靴を用意するのもおすすめです。
靴の裏が平らではなく、窪みがしっかりとあるもの、撥水加工がされているものが最適かと思います。

2点目は衣類について。外は氷点下で寒いですが、室内は上着を着たままだと汗ばんでしまうほど、暖かい場所が多いです。
そのため、観光時には薄手だけれど防寒性のある上着がおすすめです。
UNIQLOのウルトラライトダウンがお勧め!こちらだと、使わない時は小さく折り畳んで鞄に入れられるので筆者は重宝しています。
因みに、新千歳空港内にもUNIQLOや無印良品が入っていて、現地での上着の調達も可能です。

寒いイメージから、なかなか踏み出しづらい冬の北海道ですが、是非幻想的な雰囲気を皆さんにも体感して頂きたいです。