かつて北海道に県があった?!

※当サイトは、Googleアドセンスおよびアフィリエイトプログラムに参加しており広告表示を含んでいます。

北海道は、ご存じのとおり日本で1番大きな島。
その大きさは、日本の面積の約5分の1にあたるそうで、四国と九州を合わせたくらいとか、関東地方が2つ入るなどよく聞きますよね。
北海道という1つの都「道」府県の中に、普通の県がいくつも入るくらいの広さなのです。

そして隣の都道府県と接していないため、道民は本州に行くと「県を跨いで移動している!」と新鮮な気持ちになるそうですよ?!
今回は、この大きな北海道に、実は「県」が存在していた?!というお話です。

目次

北海道にあった県とは?

実は、明治15年(1882年)開拓使の廃止にともない廃使置県が行われ、「函館県」・「札幌県」・「根室県」の3つの県が設置されました。

当時の北海道開拓三大拠点だった所です。
なぜ根室かというと、千島とのつながりにおいて重要な拠点で、道東では最も重要な都市だったためです。

県の範囲は、北海道を縦に三等分したような形で、それぞれの領土は以下の通りです。

「函館県」・・・現在の渡島・檜山両支庁、後志支庁南部
「札幌県」・・・現在の石狩・空知・上川・日高・胆振・留萌・宗谷・十勝と後志の一部
「根室県」・・・現在の根室・釧路・網走・十勝の足寄郡・千島

しかし、わずか4年後の明治19年(1886年)に北海道庁が設置され、この3県は廃止となります。
北海道開拓使が置かれる前には、なんと「箱館府」もあったのです。

また青森県に属していた地域もありました。それは旧松前藩の一部で、明治4年(1871年)青森の弘前県に併合されました。
その後、弘前県は青森県になり、明治5年に(1872年)北海道に戻りました。

北海道はなぜ「北海」と省略しないのか?!

この3県の廃止と同時に設置された「北海道庁」が、後の「北海道」にあたります。
例えば、東京を管轄するのは「東京都」、大阪は「大阪府」となります。

北海道の場合は、北海を管轄する「北海道」ではなく、北海道を管轄する「北海道庁」だったわけです。
昭和22年(1947年)に地方自治法が施行され、「道」は他の「都府県」と同格の地域の区分になりました。

つまり「北海道」は元から1つのものなので「北海」とは省略しないのです。

なぜ「道」なのか?!

ところで、なぜ北海「道」だったのでしょうか?

明治2年(1869年)、蝦夷地探検家の松浦武四郎により「北海道」と名づけられました。
名前を付ける際に、五幾七道(東海道・東北道・北陸道・山陰道・山陽道・西海道・南海道)に類した候補が挙げられました。

日高見道・北加伊道・海北道・海島道・東北道・千島道の6つの候補の中から、読みは「北加伊道(ほっかいどう)」が選ばれ「かい」を「海」の漢字にしてにして「北海道」となったそうです。
五幾七道の「道」の中には「国」が何個も含まれており、北海道も元は11個の国から成り立っていることから、広いという意味での「道」であったのかもしれませんね。

おわりに〜確かに県が何個かあっても不思議ではない?!

いかがでしょうか?
北海道に「県」があったとは、びっくりですね。
でも、四国のように1つの島に何個か県があっても、確かに不思議ではありませんよね。

実際、北海道には14の振興局があり、道庁の支店的な役割を果たしています。
天気予報も振興局別にでたりしますし、つまり県みたいなものですね。
この振興局や道央、道北などの地域を越えると、天候の他にも風習や食文化もがらりと変わったりもします。

そう考えると、つくづく北海道は広いなぁと感じますね。

ですから、北海道の人が本州へ行くと
「狭い範囲内にたくさん観光地がある!」
「いつの間にか県が変わってた!」
などと感じるそうですよ。

本州からの観光客が北海道で距離感がバグるのと同様に、道民たちの本州観光あるあるかも知れませんね!
ぜひ、北海道の「広さ」も楽しみに、ぜひ遊びに来てくださいね!

※画像はイメージです。

この記事いかがでした?
良かったイマイチ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\ コメントくださ〜い /

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次