私のオススメ!北海道のテーマパーク3選

北海道には様々なテーマパークがありますが、テーマパーク大好きな私がお勧めのテーマパークを3箇所ほど紹介します。

ノースサファリアドベンチャー

最初に紹介するのは、ノースサファリアドベンチャー。
札幌市にある体験型のテーマパークで、知っている人は知っているかもしれませんが、ノースサファリサッポロと隣接をしていてアトラクションだけでなく動物園も一度に楽しめるというのが魅力です。
札幌市内から30分と北海道にしては近い場所にあって、季節により異なるアトラクションが楽しめるのも人気の理由だと言われています。

施設内には他では見られないような独特な体験ができて、特に人気なのが逆バンジートランポリンでこれを目的に遠方から訪れる人も少なくありません。
基本的には入園料にいくらかの金額プラスすると遊び放題のプランになるのですが、別途有料のアトラクションがありますので注意が必要です。

開園時間は季節によって違いますので、この時期にはこの時間だったからと思い込みはせずにしっかりと調べることをおすすめします。

きたみファミリーランド

次に紹介するのは、きたみファミリーランドです。
その名の通り北見市にあるこのテーマパークには、最近になって急激に利用者が増加したと言われています。
その理由は、カーリング女子日本代表の存在で、この地を拠点に活動をしているため、練習や試合を見学にきて、きたみファミリーランドで遊ぶというコースが人気のようです。

実際施設には遊具が豊富にあり、小さな子供が体を目いっぱい使って遊ぶのに適しています。
ファミリーランドという名称ではありますが、カップルが訪れても十分に楽しめるテーマパークでもあります。

あいすランド阿寒

あいすランド阿寒も人気です。阿寒湖をテーマとして氷上の遊園地で、湖が凍る冬季にしか楽しめないテーマパークなのです。
天然のリンクを滑るアイススケート、氷上を疾走するスノーモービル、4輪バギーやバナナボートから、ワカサギ釣りと広い年代が楽しめます。

夏になるとあいすランド阿寒は閉園し、その代わりにフィッシュランド阿寒となり、ヒメマス、ニジマス、鯉、鮒、ワカサギ等が釣れる、釣り人に人気のスポットです。
特にヒメマスの原産地なので、聖地として日本から海外までの釣り人が訪れるとの事です。

季節によってその様子と内容が変わるテーマパークであるため、基本的には年間を通して楽しめます。

いかがでしょう

これ以外にも北海道には魅力的なテーマパークがありますが、それぞれに特徴がありますので楽しめるはずだと私は思います。
是非とも訪れてみてください。

※画像はイメージです。

動物園・水族館・テーマパークの最新記事8件