冬に驚き、夏サイコーな北海道Life!

※当サイトは、Googleアドセンスおよびアフィリエイトプログラムに参加しており広告表示を含んでいます。

引っ越してきたのは2021年の秋、北海道生活2年目です。
始めての北海道で、春夏秋冬と過ごした率直な感想を綴ります。

目次

これから冬を迎えようと言う時

初年度の冬の事です。雪掻きをしないと車が出せない、換気のために開けた窓が閉まらない、ベビーカーが使えず移動はソリといった、北海道の洗礼を早速受けました。
小学生の子供も、グラウンドでスキー授業があるので一式揃えないといけず、学年が上がるとスキー場まで行かなくてはならないと学校でギャップを感じながら、生まれて初めてのスキーに挑戦することに戸惑います。

「今年は行きが多い」と周りはいうのですが、今まで住んでいた地域は雪が振ってもつもることなんてないので多さの基準が解らず、積もる雪の多さに只々驚くばかり。
サラサラ過ぎて雪だるまが作れないという事にも驚きながら、何もかも初体験の冬を子供と一緒に乗り越えました。

楽しみにしていた夏

冬を越えてみれば楽しかったとも思うのですが、北海道の季節で一番に楽しみにしていたのは夏。
関東出身の私は、梅雨が無く熱い時期も快適だという北海道、どれだけの物なのか気になっていました。

私は会社は東京でフルリモートの在宅ワークしており、朝と夕方に子供の送迎で外出する以外は自宅で過ごしています。
窓を全開に開くと、とてもいい風が吹き込んできて爽やかで冷房なんて一切必要ないのです。外はそれなりに暑いのですが、屋内は湿気もなくカラッとして、ジメジメベタベタもなくとても涼しくて快適でした。さらに驚く事に、網戸にはしているのですが虫がほとんど入ってこないのです。

東京の人達も画面越しにカーテンがそよそよと揺れ動くのを見て羨ましがられるほどで、みなさん溶けそうなくらい暑いと言っている中で優越感に浸れます。

やってみたい事

夏になったらやってみたいことがあって、それは夜ベランダでお酒を飲むこと。
快適な夏の夜、関東よりも澄んだ空にうかぶ、星を見ながら飲むお酒はとても美しい。

春夏秋冬、それぞれが初めての体験とも言えて、全ての季節を経験して思ったのは、やっぱり夏が一番好きでした。

※画像はイメージです。

この記事いかがでした?
良かったイマイチ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\ コメントくださ〜い /

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次