北海道で絶対外せない!海鮮グルメを紹介!

海や山に囲まれている北海道では、様々なグルメを味わうことができます。
公私ともども、北海道に数え切れないほど訪れている私が、その中でも絶対食べるべきだと思う、3つの海鮮グルメ。
それはなんなのか?紹介します。

その1 カキ

最初に紹介するのはカキです。
北海道にはカキの産地がたくさんあります。しかしながら特に美味しいと評判なのは、厚岸町のカキでしょう。

なぜこのエリアのものが特別に美味しいのかと言うと、カキが最も美味しくなるとされる塩分濃度と水温が、厚岸近辺で保たれているからです。
中でも寒い冬の時期にはうまみ成分を豊富に蓄えていますので、身が大きくなるのはもちろんのこと甘みが増大するのです。

カキと言うと広島を思い浮かべる人もいるかもしれませんが、厚岸のカキが日本一だと豪語する人も少なくありません。

その2 イカ

次に紹介するのはイカです。北海道でイカと言うとやはり函館でしょう。
函館のイカはあまりにも新鮮なため、食堂などで注文をするとまだ動いていることが多いです。
生きている程新鮮なイカ、その上から醤油をかけるとうねうねと動く「踊り食い」も名物で、外国人観光客にとっては未知の食べ物だとして人気を博しています。

醤油とショウガを合わせて食べるのも良いですが、ゴロを醤油にといてそれを付けて食べると、ほんのりとした苦みとイカの甘みが合わさって絶品です。
函館のイカを食べると、他の地域のイカは食べられないと言われるほどの名物ですので、北海道に来た際には食べることをおすすめします。

その3 いくら

そしてイクラも外せないでしょう、特に人気のエリアが石狩市です。
ここにはサケの漁場が多くあり、サケをメインにした郷土料理「石狩鍋」も有名です。
つまりは、まさにサケのメッカ的な位置づけですので、宝石のようなイクラを味わえると評判です。

近辺のホテルの食事でイクラかけ放題というのがあり、それだけ新鮮なイクラが多く獲れるのです。
イクラの上からさらに、ウニ、イカ、マグロやサーモンなど北海道名物を乗せる、豪華な海鮮丼を食べられる店も増えてきましたので、やってみると良いです。

さいごに

今回初回したグルメが食べられる地域は、同じ北海道内といっても決して近い距離ではありません。
一日で全部回ることはできませんので、その時々の旅行の目当ての一つとして楽しんでみてはいかがでしょうか?

広大な北海道には、この他にも様々なグルメがあります。
自分の口に合う一品を探す旅もオツなものですよ!

※画像はイメージです。