オホーツク地域に移住したら、ほとんど異国語だった??

オホーツク地域は、浜言葉が強くて最初はなかなか聞き取れないかも・・・
北海道に移住した、私の体験談です。

海方面あるある

ひと口に北海道と言っても、その面積の広さは皆さんの知るところ。
北海道は標準語に近いと言われていますが、その地域によって方言もたくさん存在します。

私がまず初めて聞いたのは・・・
「じょっぴんかる」
わかりますか?
「鍵をかける」という意味です。

海沿いの地域では、かなりハードル高い方言が残っています。
オホーツク地域は海沿いであることからも、浜言葉を使うお年寄りがたくさんいます。

方言な上にとっても早口なので、聞き取れないこともあるあるです。
日常生活で聞き取れない部分はスルーしたり、適当にニコニコ対応するということもできますが、移住して仕事や深い付き合いになってくるとそうもいきません。
移住する前に住む地域の人たちと触れ合う機会を作ってみることをオススメします。

やっぱり美味しい海の幸!

とは言え・・・オホーツクは海の幸が最高です!
朝からホタテの殻剥きや、カニ、漁を生業としている方が多いので仲良くなれば、ご近所さんからホタテをもらったり、カニを大ザルいっぱいもらったりなんてこともあります。
海のお母さま方のシーフードカレーやボンゴレビアンコ(けっこうおしゃれな料理を知ってます)は、採れたての海の幸満載なので、自炊する気がなくなる程美味しいです。

釣り船をもってる近所の人もいたりするので、仲良くなると釣り船に乗せてもらえるかも?
釣れなくっても楽しい釣り船は、釣り好きの方にはたまらないと思います。

ここに注意

「住めば都」とは言いますが、気をつけなければいけないことがあります。
都会から来た人はとにかく目立ち、話題になりますので、スーパーで買い物してても知らない人から声をかけられたりします。
なので、人付き合いが苦手な方は本当に要注意です。

皆さん悪気はないのでしょうが移住してすぐには、とにかく聞き取れない言葉で話しかけられる機会も多いことは覚悟してください。
「あ!今、何ていいました??」
と、明るく返せるくらいの方ならきっと大丈夫かも?

あともう一つ

独身で移住すると確実に
「いい人紹介しようか?」
と、おっしゃって下さる素敵なご近所さんがあらわれます。

興味のない方は、それなりのかわし方を考えてから、移住生活に臨むのがベストかと私は思います。

※画像はイメージで、特定の地域を表してはいません。

生活・移住の最新記事8件