アースドリーム角山農場で幼稚園児と遊んできました。

アラフォーになり体力の低下を実感している、札幌在住の一児の母です。
8月中旬に北海道江別市にある「アースドリーム角山ファーム」に行ってきました。

このコロナ禍で、年長の子供にあまり夏休みの思い出を作ってあげられなかったので、屋外の密になりにくい場所、かつ幼稚園児でも楽しめる場所を探した結果、こちらがベストだと考えました。
あまりメジャーなスポットではないのですが、とても楽しかったのでレポートします!

まず目を引くのが大型滑り台

駐車場に着いた途端、目に入ってきたのは斜面に設置された巨大な滑り台。これを利用するには「ドリームランド子供の国」に入場しなくてはいけません。
利用料は小学生以上は1人500円、幼児は無料ですが付き添いの大人が必要となります。

斜面を登り、そりを使って滑り降りる滑り台はなかなかの迫力です。
大小各1基あり、幼児が一人で滑るには小型のみですが、保護者と同乗するなら大型も滑走可能です。

室内で遊べる「子供の国」

一通り滑った後は室内で遊べる「子供の国」へ。

倉庫を改装したこの施設にはパークゴルフやブランコ、吊り橋、三輪車など小さな子供でもパワフルに遊べる遊具が盛り沢山。
椅子やベンチなども所々に設置されており、飲み物の自動販売機もあるので、休憩している大人も見かけました。

ちなみに施設内での事故は保護者の責任となるので(当たり前ですが・・・)、お子さんから目を離さないように気をつけましょうね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

動物との触れ合いも楽しめます

遊具で遊んだら次は動物との触れ合いを楽しみましょう。
無料の施設と有料の施設があり、無料のエリアには馬や犬・猫などがいます。
ばんえい競馬で活躍した引退馬もおり、現役引退後とは言えその大きな体に大人も圧倒されました。
100円で人参を購入し餌やり体験もできます。どの馬も気性は穏やかでとても人懐っこい印象でした。

有料ゾーンでは、ウサギやぶた、ヤギなどの動物と触れ合えます。
ウサギはカゴに入れた状態で子供の膝に置いて、撫でたり餌をあげることができます。

おとなしいウサギで、カゴから出ようとしたり暴れたりすることはありません。ただ、休日で次から次と触られていたので疲れていたのか、餌は食べてもらえませんでした。
ウサギにストレスになるのでは?と心配になりましたが、ローテーションでウサギにも休憩の時間を設けているようで安心しました。
こちらの有料ゾーンも子供の国と同様、小学生以上500円で幼児無料、別途餌代は100円でした。

レストランなどの施設もあります

現在コロナ対策で席の間隔を開けているので、休日のランチタイムは待ち時間が発生します。
近隣には飲食できる施設がなく、またお弁当などの持ち込みは禁止されているので、ランチタイムを外して食事を取ることをお勧めします。

角山ファームは、子供が楽しめる施設が沢山用意されていて、割合リーズナブルな金額で一日めいっぱい遊べます。
札幌からもそれほど遠くないので、行き帰りが楽でお勧めです。