道南鹿部町の間歇泉

道南にある鹿部町は函館市内から北に1時間程度の場所にあります。太平洋側の海沿いにあり漁業が盛んな町です。
この町の観光地で有名なのが間歇泉(かんけつせん)です。間歇泉とは一定周期で水蒸気や熱湯を噴出する温泉です。

鹿部間歇泉

鹿部町にある間歇泉は1924年の温泉採掘中に偶然見つかったそうです。鹿部町の間歇泉は約10分の間隔で1分程度噴出します。
1回に500ミリリットルの温泉が噴出するそうです。噴出する高さは約15メートルでお湯の温度は100°以上あります。

道の駅しかべ間歇泉公園

道の駅しかべ間歇泉公園の中に間歇泉はあります。2016年にオープンした道の駅しかべ間歇泉公園は、その間歇泉をメインとした道の駅です。施設には間歇泉を利用した足湯があり、この足湯につかりながら大迫力の間歇泉をゆっくり見ることができます。

道の駅の2階の眺望の館では噴き上がる間歇泉を間近で見ることができます。また間歇泉の仕組みなどもパネルなどで説明されています。

温泉蒸し処

道の駅エリア内には温泉蒸し処というものがあり、温泉の蒸気で食材を蒸すことができます。食材は施設で購入でき、豚肉やホタテなどの魚介類、たまごなどが購入できます。これを自分で蒸し窯にセットして蒸し料理を作ることができるのです。これはなかなか無いと思うので是非試して欲しいです。

海産物も豊富

海沿いの漁業が盛んな町なので道の駅でも海産物が豊富に並んでいます。物産館「食とうまいもの館」にショップがあり、海産物など鹿部町の特産品が購入できます。オススメなのは鹿部たらこで、お土産に良いかと思います。食堂もあるので新鮮な海産物メニューも味わえます。

まとめ

札幌方面から函館に行くときは、遠回りになるので鹿部町に立ち寄る方は少ないと思うのですが、道の駅しかべ間歇泉公園にある間歇泉は大迫力なので、是非、回り道してでも寄る価値はあると思います。観光地の大沼公園からは30分程度なので、大沼公園と併せて観光に出かけるのも良いかと思います。

※画像はイメージです。

お勧め観光スポットの最新記事8件