子供や老婆の霊に追いかけられる!「団助道路トンネル」

※当サイトは、Googleアドセンスおよびアフィリエイトプログラムに参加しており広告表示を含んでいます。

函館空港滑走路の下を縦断するトンネルで、通称「おばけトンネル」と呼ばれています。その昔、三輪車に乗った子供が猛スピードで走ってきた車にひき逃げにあい、そのまま死亡。犯人は捕まらず、母親は半狂乱のまま亡くなり、その後霊となって現れるようになりました。

目次

解説

このトンネルを時速70km以上で走行すると、後ろから鬼の形相をした女性の霊が追いかけてくるという噂や、三輪車に乗った子供が追いかけてくるという噂があります。
そのほかにも、夜中のトンネル内でクラクションを3回鳴らすと老婆の霊が現れるという怪異もあるとか。

考察

このトンネルは昭和46年に施工され、地域住民にとっては重要な生活道路とされています。1車線と非常に狭いトンネルで、高さ制限で1.7mまでの車しか通れません。
2011年に改修工事は行われましたが、それまではボロボロのコンクリートやむき出しの鉄骨、電灯はあっても暗くジメジメ。そういう不気味さ故に「お化けトンネル」と呼ばれるようになったのかもしれません。ただ、周辺住民の重要な生活道路のため交通量は非常に多いです。
本当にお化けが出るのなら、誰も使わなくなるのが普通ではないでしょうか?

見学される場合、公道として利用されていますので、利用者や交通ルールにご配慮願いします。
夜間の見学は危険が伴う場合がありますので推奨いたしません。

※画像はイメージです。

この記事いかがでした?
良かったイマイチ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\ コメントくださ〜い /

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次