アイヌ語を後世に〜知里幸恵の奮闘〜

銀のしずくふるふるまわりにー。アイヌ語が再び注目を集めている。
北海道胆振地方では、2020年7月、白老町に民族共生象徴空間「ウポポイ」が完成。敷地内の食堂でアイヌ語由来の料理を提供したり、民族の考え方にふれる講演会など企画が盛り上がりをみせている。
文字を持たないアイヌ語。
口伝えを文字にし、広めたのは登別出身でアイヌの少女、知里幸恵であった。19年の短い生涯。晩年に記した著書「アイヌ神謡集」は、失いかけていた民族の誇りを取り戻す転機をつくったとして、多くの人に知られている。
今年は没後100年、彼女をモデルにした映画ロケも始まり、知名度はさらに高まりそうだ。

文学大好きの才女

知里幸恵が生まれたのは、1903年の登別(当時は幌別村)。6歳のとき、伯母のキリスト教伝道師金成マツの住む近文に、祖母と一緒に引っ越した。
祖母から、ユカラ(アイヌの神話など口承文芸)を聞いて育ったため、日本語とアイヌ語が話せた。後にローマ字も習得している。

幸恵の才能は言語だけではなかった。近文の尋常小学校(今の小学校相当)では、作文、習字と多岐にわたり才能を発揮している。14歳のとき、旭川の職業訓練学校にアイヌの女性で初の進学。受験時の成績は入学希望者109人中4位。その後の学校生活でも優秀であった。

一方、アイヌであることから、「日本人」による差別を受けている。「(この学校は)あなたが来るところではない」。同級生が放った一言は心を深く傷つけた。「辛い辛い学校」、「目に見えない厚い壁」。日記などで当時の辛い心境をこう綴っている。

 

 

知里幸恵と金成マツ不明Unknown author, Public domain, ウィキメディア・コモンズ経由

金田一京助との出会い

差別や孤独に苦しむ15歳の幸恵のもとに、運命を変える言語学者、金田一京助が現れた。
東北出身である金田一は当初、アイヌ語を学ぶためマツを訪ねたが、姪である幸恵の才を見出した。

幸恵がユカラの価値を質問すると、「世界五代叙事詩に入るぐらい」と答えた。金田一との出会いは、幸恵に失いかけていたアイヌとしての自信を取り戻させ、後の功績の礎をつくった。

ユカラを後世に

金田一との出会いで、アイヌとして誇りを取り戻した幸恵。職業訓練学校を17歳で卒業。気管支炎を患うが、ユカラをローマ字で筆録したノートを送るなど、金田一と交流を重ねた。1922年に金田一の誘いで上京。彼とその家族と暮らし、研究に一層打ち込んだ。

後の世に伝わる「アイヌ神謡集」を執筆を始めたのはこの頃である。もともと病弱であった幸恵は、心臓病を患った。病状は日に日に悪化の一途をたどったが、書き続けたのである。心臓が鼓動を止めたのは「アイヌ神謡集」を書き終えた日の晩であった、19歳。

死去する2ヶ月前の写真Unknown authorUnknown author, Public domain, via Wikimedia Commons

受け継がれた思い

「アイヌ文化を後世に」、膨大な数のユカラを書き残し、若干19歳で生涯に幕を下ろした知里幸恵。彼女の遺志は親戚ら多くの人に受け継がれることになる。
伯母の金成マツは幸恵の死後、自分が知る限りのユカラをノートに筆録。金田一との交流も続けている。1956年には、紫綬褒章を受章した。

弟の真志保は、幸恵同様に差別を受け苦しんだが、勉学に励み、東京帝国大学(現在の東京大学)を卒業。やがて北海道大学に教授として赴任した。専攻はアイヌ語学で、辞典をつくるなど多大な功績を残している。

2010年、登別にある幸恵の生家近くに「銀のしずく記念館」が設立された。設立費は2500人以上の寄付。初代館長に幸恵の姪にあたる横山むつみ氏が就き、話題になった。館内には「アイヌ神謡集」の基礎原稿や幸恵直筆のノートなど、貴重な資料が数多く展示されている。

序(まとめ)

幸恵の生涯は短かった。現在墓は登別市の富浦墓地に移され、「アイヌ文化を後世に」との遺志は、今も多くの人たちの間で生きている。
アイヌ初の国会議員萱野茂氏らの尽力で差別は法で禁じられたが、アイヌと和人のわだかまりは消えてはいない。

両者は同じ「人間」である、互いの文化を尊重する姿勢が解消の近道だ。
幸恵の遺志を継いだ人々の活動が実ることを願うばかりである。

その昔、この広い北海道は私たちの先祖の自由の天地でありました。天真爛漫な稚児の様に、美しい自然に抱擁されてのんびりと楽しく生活していた彼等は、真に自然の寵児なんという幸福な人たちであったでしょう。
(中略)
私たちを知って下さる多くの方に、読んでいただく事が出来ますならば、私は、私たちの同族祖先と共にほんとうに無限の喜び、無上の幸福に存じます。

※アイヌ神謡集から抜粋

※アイキャッチはイメージです。