絶景!!朱鞠内湖キャンプ場

毎年夫婦でキャンプへ行っています。
沢山北海道内のキャンプ場へ行っておりますが、その中でも雨竜郡幌加内町の朱鞠内湖キャンプ場が絶景でしたので、その魅力をたっぷり伝えたいと思います。

北海道雨竜郡幌加内町の朱鞠内湖キャンプ場、札幌からだと車で片道3時間ほどかかる場所です。
去年の7月に行ったのですが、行く道中も一面に幌加内の有名なそばの花畑が綺麗でした。

朱鞠内湖キャンプ場

日曜日に泊まりに行くと普段はそれなりに混んでいるのですが、コロナの影響か人は少ない状況で、湖の近くの場所を確保できました。
普段であれば、休日はそんなに簡単にはいきませんので、平日休みがとれる方は平日にくることをおすすめします。

ちなみにトイレは3カ所ほどあります。
水くみ場もありますが、お風呂やシャワーはありません。
利用料金は大人1人600円と安いです。

まず場所を確保できたらテントを設置します。
この時、夏のキャンプ場には避けられない、ブヨやハチ、蚊などの害虫がいますので、虫除けはほんと必須です。
私達は蚊取り線香、念の為に蜂なども倒すことができる強力な殺虫剤も持っていきます。

服装ですが害虫がいますので、暑いと思いますが、半袖、短パンは危険なので避けてください。
中に半袖を着て、上は通気性の良いパーカーなど着ると良いと思います。

あとワンポイントといえば、女性の方は日焼け止めを用意しておくのも良いですね。

テントを張り終えたら肉を焼き、湖の絶景を見ながらお酒をまず一杯飲むのが至福です。絶景を見ながら飲むお酒は格別ですよ。

燻製にハマってます

私は最近ハマっている燻製作りをします。最近燻製機をかいましたが、段ボールでも簡単にできるので、初めての方にはそちらがおすすめです。
具材はチーズやソーセージ、分厚いハム、ゆで卵などが簡単にできて良いですね。上手く行かなくても、美味しくいただけますし。

最初にする工程としては具材を乾燥させます。地面に置くと蟻などやハエなどが大量にくるので地面におかず、何か被せられるものがあると良いと思います。
百均にも乾燥させる時に使えるネットが売っていますので、それを使用しても良いと思います。

乾燥できたら燻製に必須のスモークウッド(個人的にはりんごやさくらが好きです。)に火をつけて燻製開始します。
1時間くらい燻製して、茶色く色がついたら完成です。香りも良い香りでお酒のつまみに最高です。

日が暮れてきたら今度はホタテなど海産物を焼いたり、シチューを作ったりして食べます。
そして、食後には淹れたてのコーヒーを飲みながら、星空を見ます。
ここ朱鞠内湖の星空が言葉では表されないほど、とても綺麗なので是非実際に見てほしいと思います。
流れ星もハッキリと見れますよ。

そしてもし、カヌーを持っている方がいらしたら、湖でカヌーも乗れるので是非持ってきてなった方が良いですね。
カヌーに乗り、綺麗な景色を見ながらボーとするのが最高に癒さられます。

おまけ

おまけですが、帰りがけに「せいわ温泉ルオント」によって、温泉をはいり旅の汚れを落としました。
施設内には、幌加内蕎麦が楽しめるダイニングがあったので食べてみました。
幌加内蕎麦はみずみずしくて絶品なので是非食べて欲しいです。