キャンプでゆったり過ごす、北海道の家族旅行。

数年前の夏休み、小学生の子供2人と1歳の赤ちゃんを連れて秋田からフェリーに乗って北海道へ行きました。
目的は2つ、札幌に住む親友家族に会うこと、旭山動物園に行くことです。

赤平 エルム高原オートキャンプ場へ

そこで拠点として選んだのが、札幌と旭川の中間地点、赤平のエルム高原オートキャンプ場です。
もともとキャンプ好きの家族ですので、せっかく北海道に行くなら大自然を堪能したいと思い、迷わずホテルよりはキャンプを選びました。

ただし1歳の赤ちゃん連れのため、ワイルドなキャンプではなく、色々と設備の整ったオートキャンプ場を選びました。
ここが大正解!電源はもちろん、各オートスペースに水場、流し台、机にイスまで備え付けられていました。

小さい子供がいると、こまめに水を使いますし、テントから離れなくて住むので子供を見守りながら調理や洗いものができました。
そして、トイレもとても綺麗で山の中のキャンプ場なのに、トイレに虫がほとんどいないのには驚きました。

他にも子供に虫取りの網やバトミントンなどの遊び道具も無料で貸してくれ、川もあり、魚をつかまえることができた息子は大喜び!
虫取りといえば、カブトムシがテントにとまっていたのに、子どもたちは興奮でした。

ランドリーも3台ほどあり、混み合うことなく使いたい時に使えました。
自販機もあり、車で5分ほどのところにコンビニもありましたので、大自然を満喫しながらも便利で快適に過ごせました。

赤平市 保養センター エルム高原温泉 ゆったり

そして、オートキャンプ場のあるエルム高原内には、温泉もありました。散歩がてら歩いても行ける距離ですが、車でも行けます。

車で向かう途中ではキタキツネの親子が登場し、北海道らしく家族で興奮しました。
キャンプや観光、運転で疲れた心身に温泉はとっても有り難く、星空の下での露天風呂は最高です。

お風呂もいくつかあり、ベビーベットもありました。休憩スペースも広々しておりゆっくりできました。

赤平高原

赤平高原には、他にもコテージやフリーサイトもあり、広々としていてのびのびできました。
大自然におりながら必要なものはそろっており、快適に過ごせます。

コンビニや温泉まで車で5分。町のスーパーまでも10分程度で便利ですし。インターからも近いので、旭川や札幌までは2時間程度。
赤平を拠点にどちらも日帰り観光旅行をするのに良かったです。

赤ちゃんを含む、子連れ旅行でしたので不安もありましたが、特に不自由なく、快適でゆったり自然を楽しみながら北海道を過ごすことができました。

※写真はイメージです。