夕張の炭鉱と仮面ライダーブラック

子どもが仮面ライダーが好きで平成シリーズを見ていたのですが、主人が昭和のシリーズも面白いぞ!というので家族全員で見ました。
そこで私の目に止まったのが「仮面ライダーブラック」、そのフォルムと何となくダークな感じが凄く格好良かったのです。
本編の37話と映画版のロケ地が夕張の炭鉱地、夏休みにこれと言って予定のなかった私たち家族は、早速夕張に行ってみようということになりました。

撮影から30年以上も経過しているため、当時の風景がそのまま残ってはいないだろうとは思っていたのですが、実際に行ってみるとそこそこ残されていて、逆に言えば手つかずのまま放置されているのだろう・・・という気持ちになったのを今でも覚えています。

ロケ地で使われたテーマパーク「アドベンチャーファミリー」や「石炭の歴史村公園」は今は無く、話の中のような街の活気もありません。
加えて、何年か前に財政難になってしまったことも知っていましたのであまり良い印象は持っていませんでした。

1990年にすべての炭鉱が閉山し、その歴史に幕を閉じましたので夕張の地に人はあまり居ません。
その中で、炭鉱博物館はロケ地でもあり、その歴史を学べてる事ができるので、博物館に執着はありませんでしたが、来たからには見学をしようと入館しました。

1960年代が最も栄えていたらしく、当時の写真を見ても炭鉱の存在感はもちろんのことそこで働く人のための住宅や店、学校が建てられているなどまさに一つの街を形成していたのです。
今では考えられないその光景を見て、時の流れのむなしさを感じ北の地で涙を流してしまいました。
我々が現在住んでいる街も、時が経てばこのように人がいなくなってしまうのかなと思いながら見学コースを回りました。

館内には様々な資料が残されており、最も気になったのが炭鉱で働く従業員募集の張り紙でした。
何と言っても待遇が良く、いかに採炭をすることが時代が求めていた仕事なのかが窺えるものです。

結局、ロケ地は作品の中の面影と全く違っていて、取り壊されて存在しなかったり、立ち入り禁止になっていて見られない場所もあったのですが、ここで撮影されたとかを親子で話し合ったり、今まで知らなかった夕張を発見できて、大満足の旅になったことは間違いありません。

夕張メロンだけに目が行きがちですが、炭鉱にも注目すべきだと思いますと思いながらも、有名な販売所で購入したメロンは、甘みがとてつもなくあって美味しかったです。

埋め込み利用させて頂いた Ex@自称『戦隊ロケ地研究家』 @ExCALIBUR1976 様の夕張に関するツイートはこちらから纏めて観ることができます。