美瑛と富良野旅行レポート 〜青い池・ニングルテラス・カレー編〜

10月の紅葉が始まって肌寒くなってきた時期に旅行した、美瑛・富良野で見たことや感じたことを紹介していきます。

青い池

美瑛といえば、「青い池」というキーワードを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?
青い池は、とても有名は観光地で、水面が青く見える不思議な池で、横を流れる白金温泉のアルミニウム成分で青く見えるそうです。

この日は、雨のあとであいにくの曇り空でした・・・
天気は良くないですが、青い池が見られるのでワクワクしながら行きました!

ですが、住所をナビで検索しても住所が途中なので出てこない。
近くまで行くと案内看板が多くなってくるので、近くなるにつれて分かりやすいかと!

駐車場はかなり広くあります!
観光バスもたくさん停まっており、アジア系の方が観光に来ていました〜

青い池の周りは舗装されていない道を歩くので、もし天候が悪ければ汚れても良い靴や長靴で行った方が良いです!
天気が良くても、サンダルやヒールだと歩きにくいかな。

では本題の「青い池」!!
期待して行きましたが・・・
雨上がりで水は濁っており、全然透き通っていませんでした!(笑)

ですが、濁っていても綺麗なブルーで周りは木に囲まれており、人の手が加えられていない本当に自然が作り出している池だと感じました。

池自体は大きなL字になっており、色々な角度から池、その中にある木や枝、周りの森林を見ることができます。
良い風景しかないので、写真をたくさん撮ってしまいます!

天候が良くなくても、それはそれで自然を感じられて、雰囲気の違う池を見ることができたので良かったです!!

別の日に池に行ったときは天候に恵まれており、本当に透き通るような神秘的な池でした!!!感動もの!!
是非何度も足を運んで色々な池の様子を見て、感じてほしいです!

ニングルテラス

ニングルテラスは、新富良野プリンスホテルの向かいにあります。
ログハウスのような木でできた小さな店を、ウッドデッキの小道を進みながら回ることのできる、ロマンチックな場所です。

倉本聰がプロデュースしており、そこには「ニングル」という妖精が住んでいる・・・という設定です。
木の小道を歩いていると、小人目線の大きなキノコの置物があったり、小さな川には小さな橋がかけられたり、本当に妖精が住んでいるような幻想的な空間になっています。

私がちょうと行った時間は夜だったので、ライトアップされておりより一層幻想的でした!
可愛らしい空間で、女子はきっと好きだと思います!

ここには、紙でつくっている小物屋さんや金物屋さん、ハガキ屋さん、布や革製品のお店、ろうそく屋さんなど・・・こだわりをもったお店が15店舗と、ちょっとしたカフェがあります。
全部可愛いです!心が和みホッコリします!

1番印象的だったのが、どこかのお店屋さんのおじさんが落ち葉をホウキで掃除していたんです。
そしたらなんと・・・かき集めた落ち葉でハートを作ってくれたのです!!

粋な計らい(笑)&ライトアップされた紅葉の落ち葉のハート♡
とってもと〜〜〜ってもロマンチックな場面でした!!

森の時計

ニングルテラスの奥には森があり、小道を更に進むと「森の時計」という名前の喫茶店があります。
寺尾聰、二宮和也、長澤まさみがTVドラマ「優しい時間」で出演した喫茶店です。

最初のお水もなんだか雰囲気のある〜!と思いました。

私はアイスティーを頼み、相方はコーヒーを頼むのですが、コーヒーは注文をうけてから、コーヒーミルを手でゆっくり挽いていて本格的な感じ!
コーヒーの香りもフワフワ漂い癒しの空間でした〜。

Soh’s BAR

飲み物を飲み終わり、さらに森の奥に歩きだすと「Soh’s BAR」というbarへたどり着きます・
名前の通りこのバーも倉本聰プロデュースで、石の壁が印象的な外観です。

全体的に温かみのある照明で、広くゆったりした空間でした。
各テーブルにはランプが置いてあり、ロマンチックでしたよ!

小腹も空いてきたため、飲み物の他にチーズフォンデュとオムライスを注文しました!
飲み物はカクテル!!

もちろん食事もおいしかったです!
オムライスはSoh’s BARとケチャップで書かれていて可愛い感じで、卵はトロトロでした〜

てっぱん・お好み焼き まさ屋

どこのカレー屋さんも満員で入れず。
「鉄板?お好み焼き?でもカレーの旗も立っている!」と思いながら入ることにしました。
店内はお好み焼き屋さんという感じはなく、綺麗で普通の飲食店という印象でした。

お好み焼きも気になりましたが、周りのお客さんはほとんどオムカレーを注文していたので、私たちもオムカレーを注文しました。

オムカレーはすぐに運ばれてきて、鉄板にフワトロの卵のオムライス!
ソースはデミグラス系でした。あと付け合わせで豚トロのようなお肉とちょっとした野菜がのっていました!

熱々のまま最後まで食べられ、バターライスもおいしかったです!
ボリュームは結構あるので、少食の女性は食べきれないかも!

富良野オムカレーの共通ルールで牛乳も提供されます!
富良野牛乳は濃厚で普段飲んでいる牛乳と比べ物になりません。
是非オムカレーと牛乳を味わってみてほしいです!

北海道旅行記・手記の最新記事8件