北海道の春の訪れを味で感じる

北海道の春の味覚は何なのでしょう?
荒れた冬の海が穏やかな顔に変わり、美味しい魚が春を告げてくれる、そんな食べ物で季節を齧られることが北海道の良い所なのかもしれません。
今回は札幌の隣町、石狩市の厚田漁港の朝市へ行ってきました。
札幌から車で1時間30分程、ちょっとしたドライブががてらに良い朝市です。
鮮度が良いので、板前さんが仕入れにも来ているのだとか?

厚田漁港

厚田漁港は遠くに小樽を眺める事が出来る、石狩湾にある街です。石狩湾に春を告げるのは、ニシンの群来ですね!
ニシンの産卵で海が白くなる、かつては当たり前だったニシンの群来も一時はなくなり、ニシンも幻の魚になろうとしていましたが、最近は石狩の海にもニシンが戻ってきた様で、一般的に食べる事が出来る様になってきました。

厚田の朝市は各漁船の持ち主が出店し、自分の取ってきた魚介類を販売しているのです。
鮮魚ばかりでなく、加工品を扱っているお店も、他にも農産品、山菜などを、それぞれが個性的で変わり種スーパーマーケットみたい。

ここで売っているものは、新鮮なのは当たり前で、海産物の種類の多さがすごい。
それらは全て石狩湾で取れたものばかり、各船で取る魚も違うので種類が多くなり、驚くようなものが沢山あるのです。
こんなものまでと驚くような物があって、まるで海の玉手箱の様なところなのです。

朝市と言ってもお昼頃までは開いているお店もあるので、ゆっくりとしても大丈夫です。

厚田観光

朝市の帰りのお勧めスポットといえば、まずは道の駅 石狩 あいろーど厚田。最近できた道の駅でとてもきれい。
お土産物販売やテイクアウトコーナー、歴史・自然資料室もあるので、地域の歴史についても学べます。
この道の駅で一番のお勧めといえば、3階の展望バルコニー。石狩湾を一望できて、天気が良ければ積丹半島まで見えます。
春の日を浴びて、きらめく海を眺めながらとても良い所ですよ。

他には、厚田の美味しい物でも食べて帰るのも良いですね。厚田の小さな商店街の中にあるミシュランガイドに乗ったお寿司屋さんもあります。
驚きの安さで、ネタがなくなると終わり。行くのなら早めの時間が良さそうです。

春の訪れを味で感じられる、厚田漁港の朝市、いかがでしょうか?

北海道旅行記・手記の最新記事8件