厚田、半日の旅

9月、あいろーど厚田へ。
小学生の娘と保育園児の息子を連れて家族4人、厚田へ向けて出発!

デザートを食べたい気分

札幌市内から車で約70分。昼食を食べてからの出発ということで、到着する頃には丁度デザートを食べたい気分。
ということでまずは道の駅「あいろーど厚田」2階にある、「LicoLico厚田店」でジェラートをいただきました。
子供たちはミルクチョコレート、イチゴミルク。間違いない美味しさです。

私は厚田限定フレーバーの「厚田ブルー」をいただきました。
カルピス風味の爽やかな美味しさです。

遡上する鮭を見に公園へ

ジェラートで満たされたあとは、厚田公園キャンプ場へ向かいました。
あいろーど厚田からは車で8分ほどで、厚田へ行った一番の目的はこの公園です。
公園の中を牧佐内川が流れており、目の前で鮭の遡上が見られるのです。

いました!いっぱいいました!
岩の隙間をバシャバシャのぼっていく鮭に感動を覚えつつ、子供にも何か伝わるといいなと思いつつ眺めていました。
浅い川なので水遊びをするつもりで行ったのですが、力尽きた鮭もゴロゴロと転がっており・・・。

入って水遊びをするのにはちょっと抵抗があり断念。
夏の暑い日には最高だと思います。

ほかにも公園内で虫を捕まえたり、栗を拾ったり。
ジップライン楽しそうでしたが、子供は怖いらしく、やりたがらず眺めるだけで終了。

キャンプ場なので、もう少し大きくなったら、今度はキャンプに来たいなと思わせてくれる公園でした。
ついでにその時はジップラインもやってみたいな。

あいろーど厚田、再び

公園で走り回って体を動かして、そろそろお腹がすいてきました。
ということで、再びあいろーど厚田へ。

先ほど行った時に、ほかにもおいしそうなものがたくさんあり、これは食べるしかない!と。
「石狩二三一」さんのニシンの押し寿司、最高です!!
地元石狩産のニシン、道内産のお米、それに数の子が挟んであり、なんとも贅沢なバッテラ。
6切で1100円と多少お高めで、購入を迷ったのですが食べて大正解。
これを目当てにまた行きたいです。

1階のお土産屋さんで、数の子入りの松前漬けを購入して帰宅しました。
これもとても美味しかったです。

夕日がきれい

そして厚田の夕日、素晴らしいです。
空と日本海がオレンジ色に染まり、サンセットからマジックアワーまでじっくりと眺めたくなる絶景です。

今回は半日の日帰りでしたが、まだまだ満喫できそうです。
次回は夏、朝市で食材を買い、海水浴をし、美味しいものを食べよう・・・そんなことを妄想をしていしまいます。

※画像はイメージです。

北海道旅行記・手記の最新記事8件