美唄市 アルテピアッツァにて芸術に触れる

数年前の11月頃、美唄市にある芸術広場「アルテピアッツァ」に訪れたときのお話です。
札幌駅西口、大丸の入り口にある巨大な白いオブジェ「妙夢」はあまりにも有名ですが、それを生み出した彫刻家・安田侃さんの作品がここアルテピアッツァにはたくさん展示されており、一年を通して大人から子供まで楽しめる広場となっています。
美唄の自然のなかに突如として現れる彫刻の数々に、普段あまり触れることのできない芸術を感じることができます。

札幌の芸術の森美術館だけではない、おすすめの芸術を感じれるスポット

北海道の短い夏にサヨナラを告げたあと、短い秋を堪能するには、やはり芸術の秋ともいわれるように芸術に触れるのもいいですよね。
芸術で有名な観光スポットといえば札幌市だと南区の芸術の森美術館でしょうか?それとも、東区のモエレ沼公園を思い浮かべる人もいるかもしれませんね?

しかしそこだけではなく、普段見ることのできない彫刻をたくさん展示しているおすすめの広場をご紹介します!
それは美唄市にある「安田侃彫刻美術館・アルテピアッツァ美唄」です。

この方、実は札幌駅を普段から使用するかたで知らない人はいないであろう、大丸前にある白い有名なオブジェ「妙夢」を作った、まさにそのお方なのです。じつは安田さんは美唄市のご出身。美唄ダムのふもとにあるこの美術館では、そんな彼のたくさんの独創的な彫刻の数々を見ることができます。

自然と彫刻が調和した世界、大人も子供も楽しめる広場

美唄市は札幌市から車でおよそ1時間半ほどの距離。比較的アクセスしやすく、美術館まではちょっとしたドライブも楽しむことができます。広場には学校の校舎を改造した施設があり、施設の中には安田侃さんの様々な彫刻が。
普段なかなか意識してみることのできない大小さまざまな彫刻をじっくりと堪能できます。また大きな広場があり、草木の中に突如現れる彫刻は周囲の自然とマッチしてなんとも素敵な雰囲気です。

隠れた穴場スポットなので、人の出入りも激しくなく、自然と彫刻に囲まれてゆったりとした時間を過ごすことができます。たくさん散策して彫刻を楽しんだ後は併設のカフェ「カフェアルテ」でおいしいコーヒーとケーキはいかがですか?
軽食もあり、テラス席でのカフェの外にはテラス席もあります。カフェの中はゆったりとくつろげ、思い思いの時間を過ごすことができてこれまた居心地もよくいつまでもくつろいでいたいほど。

冬になると備え付けの暖炉があり、ぱちぱちと燃える火を眺めてリラックスできます。たまたま私が訪問した際は大人のお客さんが数人おり、親子連れももちろん、友人やカップルで訪れても楽しめること間違いありません。

北海道の短い秋、長い冬の間でも楽しめる美術館

北海道の夏は短く、夏が終わった後に何をして楽しもうか・・と迷われる方も多いのではないでしょうか。
これからは芸術の秋の季節です。普段見ることのできない彫刻をながめに美唄市に足を運び、さらには素敵な彫刻の数々を眺め、この北海道の短い秋を満喫してみてはいかがでしょうか。

動物園・水族館・テーマパークの最新記事8件