アポイ岳ジオパーク

アポイ岳は様似町にある日高山脈西南端の標高810メートルの山です。標高が高くない山ですが、多くの高山植物が見られ、国の特別天然記念物に指定されています。アポイ岳を含む様似町域はアポイ岳ジオパークに認定されています。

ジオパークとは?

ジオパークとは「大地の公園」と言われ、科学的に重要な、あるいは景観として美しい地質や地形を持つ自然公園です。ジオパークとして教育やツーリズムに活用しながら、持続可能な開発を進めています。アポイ岳ジオパークは2008年に日本ジオパークに認定され、2015年にはユネスコ世界ジオパークに加盟し、世界ジオパークとしても認定されました。
世界ジオパークに認定されているのは北海道では「洞爺湖有珠山ジオパーク」とアポイ岳ジオパークの2つだけです。

アポイ岳ジオパーク

アポイ岳は地下深くのマントルから現れたかんらん岩の山だそうです。マントルとは地中深くの核の外側にある地層で、このマントルが大陸プレートの衝突で地表に現れてできたのがアポイ岳で世界的にも珍しいそうです。

高山植物

このような特殊な山であるアポイ岳は、森林が発達せず、低標高なのに高山植物が多数生息しています。この高山植物帯は「アポイ岳高山植物群落」として国の特別天然記念物に指定されています。花の百名山としても有名です。

アポイ岳ジオパークビジターセンター

アポイ岳ジオパークビジターセンターはアポイ岳の登山口にある施設で、ここで周辺情報を得て登山に行く方が多くいます。アポイ岳の成り立ちや関連情報などがパネルやジオラマ、映像などで解説されており、なかなか見応えがあります。

まとめ

この地域は北海道でも有数の漁場で、日高昆布でも有名な町です。ツブ、ウニ、毛ガニなども獲れます。少ないですが、飲食店や魚介類を販売しているお店もあるので帰り立ち寄ってみてはいかがでしょうか。海岸沿いの景色も魅力的で、様似港にあるエンルム岬はパワースポットとして人気があります。

※画像はイメージです。

 

スポーツ・アウトドアの最新記事8件