絶景!一度は見たい矢越海岸「青の洞窟」!

一昨年の秋、そろそろシーズンが終わるということで、天気を見て遠出してみました。
雑誌やテレビなどでたびたび取り上げられる人気の絶景スポット「青の洞窟」
小型の船で洞窟まで行くため、雨の日や風が強い日などは運休になってしまい、いつでも見ることができない「レアな絶景」です。

青の洞窟とは?

函館市内から国道228号を南下し、車で約1時間半ぐらい走って知内漁港に向かいます。
「道南の秘境」と呼ばれる矢越海岸付近にあって、北海道3大青の洞窟スポットと呼ばれているほど美しい洞窟です。

港から船にのって見学するのですが、毎年4月下旬から10月上旬にかけて運行していて、私が行ったのは10月頭。
あと一週間ほどで船が運休になってしまうということでギリギリのタイミングでした!

さて当日。

当日は快晴!前日てるてる坊主にお願いした甲斐がありました。
船も無事出航するということで、ライフジャケットを着て、ヘルメットを被っていざ出発!!

青の洞窟までの途中、隠れた絶景ポイントなど船長さんが教えてくださり、見どころ満載です。
そこでなんとびっくり!野生の熊が崖の上にいました!!
しばらくするとこちらに気づいたのか立ち去っていきましたが・・・さすが北海道。

いよいよ青の洞窟到着。船長さん曰く「今日は天気がいいからきっと綺麗な青色で見られるよ」と。
船はゆっくり洞窟の中に入っていきます。結構洞窟の天井が低く感じ、絶対頭はぶつからないのにすぼめてしまいました。

洞窟の中は美しく輝くブルー!まるで宝石のようで船に乗っていた皆様も「きゃー!」というよりは「うわぁ・・・!(歓喜)」というリアクション。
乗客一同うっとり。

ロマンチックな演出

すると船長さんから白い小石を渡されました。「願い事を想いながらこの石をゆっくりと海に沈めてください」とのこと。
なんともロマンチックな演出で素敵でした!ここを訪れたカップルの方でご結婚された方も何組かいらっしゃるそうです。

熟年夫婦の方も乗船されておりましたが、長く夫婦として支えあい、そして旅行ではこんな綺麗な景色を見られるなら最高の人生ですね。
とってもうらやましいです。

あっという間の乗船時間でしたが、各絶景スポットや野生の熊や鳥などを見ることができたので、お値段以上に大満足でした!
旅行終了後しばらくするとお守りが届きました。参加者の方に知内町の雷公神社にて魂入れしたお守りなんだそうです。旅行が終わっても楽しい気分で過ごせました!

北海道には知内町のほかにも青の洞窟が有名なので、ぜひすべて制覇していきたいなと思います。
カップルで来てもよし!友人と来てもよし!家族と来てもよし!皆様もご旅行の際には天気予報をみて一度足をお運びくださいませ!

青の洞窟を見学したいかたは

854CRUISE(矢越クルーズ)という会社が「青の洞窟ボートクルーズ」を運営していますので、直接お問い合わせて申し込みしてください。
詳しい連絡先は、HPをご覧ください。

北海道旅行記・手記の最新記事8件