何回行っても飽きない~安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄

※当サイトは、Googleアドセンスおよびアフィリエイトプログラムに参加しており広告表示を含んでいます。

自然と芸術鑑賞が大好きです。
北海道には、自然と芸術を同時に楽しめる美術館がたくさんありますが、そのなかで特におすすめは、美唄出身のイタリアで活動されている安田侃さんの彫刻美術館アルテピアッツァ美唄。

目次

彫刻美術館アルテピアッツァ美唄

こちらの美術館、作品維持のための寄付以外、基本的に入場料が無料なのです。
気軽に散歩感覚で美術と触れ合えるので、美術館に対してのハードルが下がった気がしませんか?

作品は敷地内のあちこちに置かれいていて、直接触れることができ、インスタ映えのする写真もたくさん撮ることができると思います。
廃校を利用した建物は作品の展示だけではなく、さまざまなワークショップやイベントが開催され、観て学べる体験できる美術館です。

ちなみにですが札幌駅の大丸前にあるモニュメントの色違いの作品があり、札幌駅は「白」で美唄の美術館は「黒」。
札幌で写真を撮るのは恥ずかしいかもしれませんが、両方の写真を見比べると面白いですね。

私のおすすめ

私は自然と作品の調和すばらしさがお気に入り。
春の桜、夏の新緑、秋の紅葉、冬の真っ白で静かな雪、四季と一緒に楽しんでほしいと思います。

作品にふれあいながら、思う存分走り回れるので、子連れにも良い所です。自然豊か、虫取りもできます。
私も子供が小さい頃、よく連れて行きました。おかげで美術館好きな息子に育ち、今でもいろんな美術館に一緒に行きます。

散策に疲れたら、カフェアルテやアルテ文庫での一休みしましょう。夏のソフトクリームは最高です。
アルテ文庫は、安田侃さんのセレクトした書籍が置いてあります。こちらの本は、アルテピアッツァ内なら、どこにでも持って行くことができます。カフェアルテで読むのも外のベンチで読むのもいいと思います。
とにかく1日ゆっくり、じっくりたっぷりと楽しめる美術館です。

※画像はイメージです。

この記事いかがでした?
良かったイマイチ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\ コメントくださ〜い /

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次