道の駅「石狩あいろーど厚田」紹介【厚田港朝市と恋人の聖地も!】

札幌中心部から北上すること約1時間、美しい日本海を左手に眺めながらの爽快なドライブの先にたどり着くのが、この素敵な道の駅『石狩あいろーど厚田』です。

札幌近郊の他の道の駅と比較すると、飲食店の充実度はそれほどでもありませんが、展望バルコニーからの絶景には唯一無二の魅力があり、訪れるたびに心が洗われるような爽やかな気持ちにさせてくれる、本当に特別な道の駅です。

夏のような気温となった2024年5月中旬に訪れたときのことを、レポートしたいと思います!

目次

道の駅『石狩あいろーど厚田』について

道の駅『石狩あいろーど厚田』は、2018年開業と比較的新しい道の駅です。

国道沿いの日本海を望む高台に建っているこの道の駅は、夕暮れ時には3Fにある展望バルコニーから、日本海に沈む美しい夕陽を眺めることができる、北海道屈指の絶景スポットとして知られています。

敷地内のより高台には「恋人の聖地」という名の展望台があり、より高い所から絶景を眺めることができます。

駐車場は第1~第3まで約200台分(身障者用3台、大型用4台、EV充電スポット1台含む)あり、普段はそれほど混雑する道の駅ではないので、ほとんどの場合は1番近い第1駐車場に駐車することができます。

第1駐車場入口付近にあるバイク専用駐車場も、13台分と充実しています。

1F(売店・トイレ・そば屋)

1Fには24時間使用可能のトイレがあり、道の駅スタンプもここで押すことができます。

十割蕎麦の店「一純」

1Fには十割蕎麦の店「一純」があり、11:00~14:00の間、美味しいおそばを食べることができます。
私はここで何度も食事したことがありますが、おそばはとても美味しく、提供も早いです。

メニューはそばの他にはにしん丼、いくら丼などの海鮮丼もあります。
支払いは食券制で、現金のみとなっております。

売店

1Fには他にはおみやげや食料品などを売っている売店があります。
この売店では厚田近郊で採れた野菜や、石狩名物の望来豚の冷凍肉、他にも様々な厚田、石狩名物の食品が売っています。
面白いことに、沖縄の食品なども少し扱っています。

この日は震災被害に遭った石川県輪島市を応援するということで、輪島市の特産品なども売られていました。
素晴らしい試みですよね。

他にはハンドメイドのアクセサリーなども販売されており、他では見たことのない、道の駅オリジナルのハンドメイドのルアーも売られていました。

この日私はいつ行っても売り切れている人気の「たこめし(500円)」を購入。
2Fの飲食スペースで食べていくことにしました。

2F(飲食・休憩スペース)

2Fにはテイクアウト可能な3つの飲食店、飲食・休憩スペース、地域情報コーナー、歴史・自然資料室などがあります。

テイクアウトテナントショップ(飲食店)

2Fにはニシンと数の子のバッテラ寿司が看板メニューの「石狩二三一(ふみいち)」、焼きたてピザとパンの「Bakery&Pizza HOME」、本格ジェラートの「GELATO  Lico  Lico  厚田店」の3つの飲食店が並んでいます。

それぞれ、2Fの飲食スペースで食べてもよし、そしてテイクアウトも可能となっています。

日本海を眺めながら飲食できる「飲食・休憩スペース」

2Fには、日本海を眺めながら自由にくつろぐことができる飲食・休憩スペースがあります。

カウンター席、テーブル席、ソファー席があり、日本海の絶景を眺めながらゆっくりくつろぐことができるスペースとなっています。
こちらのスペースのカウンター席で、先ほど購入した「たこめし」を食べていくことにしました。

炊き込みご飯の上に、大き目のたこが乗っている「たこめし」。

炊き込みご飯の中にも小さいたこがいくつか入っていました。
もちもちのご飯にたこの風味がマッチして、とても美味しかったです!

「地域情報コーナー」と「歴史・自然資料室」

2Fには他には厚田を中心に石狩市の名所を紹介する「地域情報コーナー」と、厚田にゆかりのある人物などを紹介する「歴史・自然資料室」があります。

厚田や石狩市の自然や歴史について学ぶことができるスペースです。

3F(展望スペース)

道の駅「石狩あいろーど厚田」の3Fは、広大な日本海と石狩湾を一望できる、展望スペースとなっています。

「展望ラウンジ」と「展望バルコニー」

3Fは暖かい室内から日本海を眺めることができる「展望ラウンジ」と、屋外に出て、絶景を楽しむことができる「展望ラウンジ」で構成されています。

「展望バルコニー」は晴れた日には石狩湾新港や積丹半島まで一望することができ、夕暮れ時は日本海に沈む美しい夕陽を眺めることができる、北海道屈指の絶景スポットとなっています。

新鮮な魚介類がありえない価格で!「厚田港朝市」

道の駅「石狩あいろーど厚田」から車で約2分、徒歩で約10分ほどのところで、4月~10月の間、厚田港で水揚げされた新鮮な魚介類を低価格で購入することができる、「厚田港朝市」が開催されています。

販売される魚介類は季節によって異なり、春はカレイ、ホッケ、ニシン、サクラマスなど、夏はウニ、ホタテ、シャコなど、秋は鮭などが、街のスーパーマーケットではありえない低価格で販売されています。

この日は私は午前11時くらいに到着したのですが、新鮮な生魚はほとんど売り切れていました。新鮮な生魚を購入したいのであれば、もっと早い時間に行く必要がありそうです。

結局この日私は予算の千円で、少し小ぶりなホタテをたくさん購入することにしました。

千円で新鮮なホタテがこの量!
普通のスーパーではありえない!
朝市ならではの買い物となりました。

カップル、夫婦で行こう!「恋人の聖地」

道の駅『石狩あいろーど厚田』本館から、徒歩で上り坂を上ること約5分で厚田展望台のある「恋人の聖地」に到着します。

この上り坂はかなりの急坂ですので、脚の悪い方や車イスの方が単独で上るのは少し厳しいかもしれません。

「恋人の聖地」には厚田展望台の他に、自由に鳴らすことができる鐘や、カップルが名前や日付を記入した南京錠をかけることができるスペースがあります。
厚田展望台からは道の駅の3F展望バルコニーからの景色とはまた違った、より高い位置からの絶景を楽しむことができます。

日本海ドライブ、ツーリングのこれ以上ない中継点

この道の駅、夏期間はいつ来てもツーリング中ののバイカーさんたちで賑わっています。

売店や休憩・展望スペースが充実したこの道の駅、絶景を眺めながらの日本海沿いのドライブやツーリング途中で一息つくには、本当にこれ以上ないと言えるほどの魅力的な中継点だと思います。

厚田港朝市や恋人の聖地など、周辺施設も含め、北海道屈指の魅力を誇る道の駅、それがこの、道の駅「石狩あいろーど厚田」です!

この記事いかがでした?
良かったイマイチ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\ コメントくださ〜い /

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次