移住して一年経って感じた北海道

1年ほど前、首都圏から北海道の札幌に移住し子育て奮闘中です。
そんな生活の中で、ふと感じた事、違和感だったり、すごい!と感動した事を発信したいなと思います。

北海道は夕日が綺麗

今まで他県で生活していて何を気にするわけでもなかった夕日ですが、北海道に来てから空がピンクっぽかったり、オレンジ色だったり・・・なんでだろう?とふと空を見上げると夕陽が本当に綺麗にブルーからオレンジ色のグラデーションに。

何気ない生活の一部のほんのわずかな時間ですが、思わずカメラを向けたくなる、とても綺麗な夕日を場所問わず見ることができます。
どこにいても綺麗な景色を見れるとは思ってもいなかったので、北海道に移住してきて”得したな”と思うひと場面です。

言い回しが優しい

北海道に来て感じたこと、主観にはなってしまいますが、北海道の方は話し方が優しい方が多い印象に感じました。

「持ってくるかい」「なんじゃないかい?」と言った話し方他県では聞いたことがなく、移住したての私にはその言い回しがとても優しく感じました。
人柄も優しい雰囲気の方が多く、ご近所の方もあいさつしてくれる方が多く、首都圏ではそんな事はほとんど無かったなと感じました。

電車のマナー

これに関しては残念な気持ちになってしまった事ではありますが、電車の座席に座る時、間隔を0.5人くらい空けて座っていらっしゃる方が多いです。
0.5人くらいの幅ですと、なかなか座ることも出来ず、ちゃんと詰めてもらえたらもう少し座る人が増えるのに、と日々思いながら通勤しています。もう少し他人に思いやりを持ってもらえたらいいのになと感じました。

コロナの影響での距離感なのかもしれないので一概には言えませんが、電車の椅子に座って通勤、帰宅できたらいいなと思っています。

どこでも「とうもろこし」が売っている!

なかなかとうもろこしを売っている場面に出くわすことがなかったのですが、北海道に移住してから驚いたのはコンビニでもスーパーでも道路の傍らでも、至る所に茹でてない生のとうもろこしではなく、すでに茹でてあるとうもろこしが売っているということでした。

どこでも北海道らしさを感じることができ、尚且つ手軽にとうもろこしを食べることが出来て感動しました。そしてもちろん美味しい!
初めは茹でとうもろこしを外で買い、傍らで食べるという事に抵抗は有りましたが、とても甘くて美味しいとうもろこしは道外から来た友人にもおすすめしたいなと思います。

※画像はイメージです。

 

生活・移住の最新記事8件