北の大地の水族館 -山の水族館-

北の大地の水族館は北見市留辺蘂町にある淡水魚の水族館です。山の水族館とも呼ばれています。道の駅おんねゆ温泉に隣接しており、多くの方が訪れる人気の観光施設です。

北の大地の水族館の歴史

1978年に開館した「山の水族館・郷土館」を入館客の減少などにより閉館し2012年7月にリニューアルオープンした水族館です。リニューアルを機にたいへん人気の観光施設になりました。それはなぜか?

水族館プロデューサー中村元さんがプロデュース

北の大地の水族館は水族館プロデューサーの中村元さんがプロデュースしました。中村元さんは新江の島水族館、池袋サンシャイン水族館のリニューアルなどをプロデュースした日本で唯一の水族館プロデューサーです。

予算が少ない小さな水族館なのですが、リニューアルの時に職員の方が中村さんにプロデュースをお願いしに行って、当然断られると思っていたら、快諾してくれたそうです。なので普通に魚が展示されているわけではなりません。

北の大地の水族館の見どころ

この水族館は小さな水族館なのですが、様々な工夫が施されています。自然に近い環境を再現しており、滝つぼの中で泳いでいる魚の様子が見られる「滝つぼ・ジャンプ水槽」などがあります。いわゆる生態展示というやつです。冬には寒さで凍ってしまうのですが、それを利用して凍った川の下を泳ぐ様子を見ることができたりします。

また、日本最大の淡水魚であるイトウが数多く飼育されており、1メートル級のイトウを観察することができます。

魚がとても綺麗

私のおすすめは「いただきますライブ」というイベントで、大型魚に生餌を与え捕食する様子を観察するイベントです。動物園ではたまにあったりするのですが、淡水魚の捕食シーンを観られるのは珍しいのではないかと思います。

また、飼育されている魚がとてもきれいです。水槽越しに写真を撮っている方もいます。私もしばらくパソコンの壁紙にしていました。

北の大地の水族館(山の水族館)の施設情報

住所:北見市留辺蘂町松山1−4
営業時間:9:00〜16:30
休館日:4/8〜4/14・12/26〜1/1
電話: 0157-45-2223