函館競馬場の魅力

北海道には札幌と函館に中央競馬の3箇所に馬場があり、今回は函館競馬場を解説します。
函館競馬場は、比較的こじんまりとして、場内の移動も苦ではないのが特徴です。

北海道は年間を通して気温が低いため、競馬ができないのではないかと思っている人も多くいるのではないでしょうか?
確かに冬の時期には開催はありませんが、本州と気温がそこまで変わらない夏の時期に限って中央競馬が開催されるのです。

函館競馬場を楽しむ

函館競馬場は函館の中心地である函館駅からは少し離れていて、基本的にはタクシーやレンタカー、あるいは市電を利用して行くことになります。
歩いて行くという人も中にはいますが、かなり距離がありますので体力に自信の無い方は注意です。
車を利用していく場合、競馬場入り口の向かいに駐車場がありますが混雑して駐車ができない可能性もありますので、できるだけ早く向かうことをおすすめします。

中に入らなくてもパドックは見られますが入場料も100円と安く、せっかく近くまで来たのであれば、施設の中で観戦を楽しむことをおすすめします。
内部は中山競馬場や東京競馬場に比べると決して広くはありません。
しかしスタンドからは海が見えたり、目を凝らしてみると温泉街のホテルまで見渡せますので、国内の他の競馬場では味わえないような景色を楽しむことができます。

馬券を買うのに

競馬場に来たのですから券売機で馬券を購入することになりますが、何だかめんどくさいという人におすすめなのがインターネット上購入です。
函館競馬場では無料の無線LANに接続できますので、ストレスフリーで購入が可能です。

レースの後の楽しみかた

レースを楽しむのはもちろんですが、レース後に騎手と馬が表彰を受けるウィナーズサークルで見るのも悪くはありません。
走ったあとの馬の呼吸や騎手と調教師の会話を生で聞けますので、テレビでは感じられない楽しみ方ができるのです。

競馬で大勝ちをして楽しい気持ちで夜は温泉に入る・・・という楽しみかたもありますが、無理をして大負けしないように気を付けましょう。

※画像はイメージです。