千葉好きだけど北海道大好き!

主人の転勤に伴い、30年間住んだ札幌から千葉へ移住することになりました。
札幌と千葉、生活などのギャップをお話します。

気候の違い

北海道に長年住んでいた私が、千葉の気候について一番に思うこと。それは、千葉には冬がほとんどない!12月頭ぐらいまでは秋、2月にはもう春の温かさが感じられるようになり、花も咲き始めます。

北海道は11月からちらほら雪が降り始め、3月になってもまだまだ油断できない寒さが続きます。つまり、一年の半分近くは冬なのです・・・
しかし、その分北海道のおうちの中はとても暖か。
断熱材の違いなのか暖房器具の違いなのか、部屋の中では靴下いらず。ストーブの前でアイスを食べるのが道産子の定番です。

むしろ千葉のほうが温かいはずなのに、お家の中はすこし寒い感じもします。

自然の違い

私は千葉の中でも比較的自然豊かな地域に住んでいます。海も川も近くにあるのですが、何かが足りない・・・そう「山」です。
千葉には高い山がほとんどありません。無ければ無いで、特に不便があるわけではないのです。逆に良いこともあるのでしょう。

私が育った町のすぐそばには山がありました。小学校時代から登山遠足や登山マラソンで苦労した記憶があります。
なんで近くに山があるのよー!なんて思っていましたが、子供の頃から外に出ればいつも視界にあった山がないのは、なんだか物足りなく感じるのでした。

言葉の違い

北海道の中でも私は札幌育ちなので、もともと方言は薄いはず(函館など“浜弁”が強い地域もあります)。ですが、幼稚園生になった娘に「お母さん、それ方言だよね!」と指摘されることが増えました。
私としては娘たちにも北海道の言葉を知っていてもらいたい気持ちはあるのですが、生粋の千葉っ子である娘たちにはそれは少し違和感があるようで。周りと少し違う言葉を使ってお友達にからかわれても可哀想なので、方言はなるべく封印しています。

でも一つだけ譲れない方言が。それはずばり「どうきび」。標準語では「とうもろこし」ですが、なんだかまどろっこしくて・・・。

Gの存在

あれは移住して1年目。噂には聞いていた、Gの付くアイツが現れたのです・・・!
主人は仕事で不在。突然現れたGに真っ向から挑む勇気はなく、上から大量の新聞紙や雑誌を乗せ(潰して?)ひたすら主人の帰りを待ったのでした。

最近は北海道にもGはいるらしいですが、一般のお家で出会うのはほぼゼロ。
私も千葉に移住以降してから2回しか遭遇したことはありませんが、会わないに越したことはありませんよね。

さいごに

移住して今年で10年目たちます。
千葉には千葉の良さが、北海道には北海道の良さがそれぞれあると感じています。

※画像はイメージです。

生活・移住の最新記事8件