野外音楽フェス「SORAON」

北海道で野外音楽フェスといえば、石狩市の「RISING SUN ROCK FESTIVAL」、岩見沢市の「JOIN ALAIVE」等が有名です。
そして新しい野外音楽フェスとして、「SORAON 2022」が「空の青さと、音楽と。」をスローガンには開催されました。

「SORAON ソラオン」とは?

スローガン「空の青さと、音楽と。」にはしっかりと意味があります。

それはまず、北海道の地域は空知(ソラチ)から、「空を知ると書いて空知、昨今は密閉・密接・密集の三密に気をつけて来ました。
しかし、空を見上げれば360°繋がっていてみんな同じ空を見ている。人と人との距離が離れていても空の下ではみんな繋がっている。北海道の広大な自然の中、空の下に集まり音楽の力がみんなのパワーになる!」という深い意味があるそうです。

SORAONとすながわ公園祭

SORAONを開催する3年前に同じ空知管内ですながわ公園祭が開催されました。老若男女問わず音楽に元気をもらい、砂川市のおいしいスイーツ・グルメを堪能してもらおうと開催。出演者も豪華で大塚愛・松本梨香・東京スカパラダイスオーケストラDJ谷中敦・Snugsなど有名な方々の他に、地域に根付いた地元中学校の吹奏楽部や自衛隊の音楽隊も参加、盛大なイベントでした。

そして、すながわ公園祭は毎年行われる名物イベントになるはずでしたが、現在も流行しているウイルスのせいで1回限りの開催となってしまったのです。

SORAONへ!

しかし、あの時の情熱は失われることはありませんでした。
人と音楽のつながりでコロナで疲弊した人々や「鬱々としたこの空気を払拭」する方法の一つ、「一筋の光」となるため、すながわ公園祭の時の経験を活かし、野外音楽フェスを開こうと画策したとされています。

コロナの続く中、新型コロナウイルス感染症対策を徹底しながら、安心して音楽を楽しめる広さが確保できるような場所に会場を移し、北海道のイベントガイドラインに基づく5000人よりも少ない規模の3.000人の定員とし、2022年6月についに開催。

出演者は中島美嘉・スガシカオ・高橋洋子・Novel bright・瑛人・MONKEY MAJIK・Snugs。新十津川中学校&砂川中学校 吹奏楽部。前回のすながわ公園祭が好評だったこともありSORAONチケットは即完でした。

スイーツやグルメも楽しめた

SORAON開催時、ミートフェスと称しキッチンカーやフードコートが集まりました。その中でも、空知管内のグルメといえば、松尾ジンギスカン。ブースにはジンギスカンの他に煮込みハンバーグや渦巻ソーセージなど羊肉メニューが豊富でとても美味しい。中道ファームは米農家が作るグルテンフリーの米粉を使用の唐揚げを販売。今大人気のロングポテトのお店goo house。
他にも紹介しきれないほど美味しいグルメが待っていたのでした。

2023年が楽しみ

最後になりますが、きっと来年も開催される事を期待して朗報を待つことにしましょう。
そしてフェスの他にも、空知にはたくさんの観光があります。
ぜひ遊びに来てみてください。

※画像はイメージです。

祭り・イベントの最新記事8件