帯広動物園で動物たちに癒されよう!

※当サイトは、Googleアドセンスおよびアフィリエイトプログラムに参加しており広告表示を含んでいます。

数年前の夏、家族で北海道旅行に出かけた際、帯広動物園に足を運びました。

目次

動物たちがきれい!

動物園によっては、動物たちをあまり手入れされていないように感じることがありますが、帯広動物園の動物たちはきちんと面倒を見てもらっているんだなというのが分かる、きれいに手入れされていました。
動物たちはのびのびとしていて、見ているだけでとても癒されました。

割合こまめに飼育員の方がフンの始末をしている場面に出くわし、動物たちもお客さんも快適に過ごせるようにケアしてくれているんだなと感じます。

説明ボードが工夫されている!

動物たちの近くに、名前や特徴が紹介されている説明ボードが設置され、この園の説明ボードは、子供でも分かるような書き方をしてくれていています。
動物に興味がある子供がより楽しめるような工夫もされていました。

亡くなった動物の骨格を展示している!

動物園で活躍してくれていた動物が、亡くなってからもみんなに愛されるよう、動物の骨格を展示しているゾーンがありました。とても小さなスペースではありますが、生きている状態ではなかなか近づけないキリンの骨格もあり、子供たちが背比べしたり、首の長さを実感したりできるという点でとても貴重です。

生きている動物たち同様、こちらにも子供たちが分かりやすいように説明ボードが設けられているのですが、『もっと動物について知ってもらいたい!』という飼育員の方たちの動物への愛情も感じられました。

園内には遊園地もある!

動物園ではあるものの、園内に遊園地もあります。子供向けの小さな遊園地ではありますが、メリーゴーランドや観覧車などといった定番の乗り物があって、動物たちを見て周るのに少し疲れたらお口直しに遊ぶことができます。
特に小さいお子様連れのご家族にはありがたい施設です。

ただし、遊園地は冬季開園期間中はお休みしているようなので、遊園地も楽しみたい方は夏季に行かれることをお勧めします。
遊園地ゾーンの周辺には売店もあるので、子供を遊ばせつつ、大人も気分転換することができるでしょう。

赤ちゃん連れも安心!授乳室あり!

所要時間が長くなりそうな場合、赤ちゃん連れだと心配になることもあると思いますが授乳室があります。
万が一赤ちゃんがおなかをすかせても安心です。

小さな動物園だろうと思って、もともと予定していなかったのですが、想像以上に広くて楽しめる場所でした。

※画像はイメージです。

この記事いかがでした?
良かったイマイチ
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

\ コメントくださ〜い /

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次