地元民だからこそ知る「おびひろ氷まつり」

北海道観光といえば札幌、小樽、函館が有名で人気ですよね。
冬の北海道といえば、やはり札幌雪まつりだと思います。スケールはでかいし、迫力もありますし、子どもも大人も楽しめる素敵な冬のお祭りです。

しかしながら、地元民だからこそ知る、もう一つの北海道の冬をぜひ知ってほしい。
それは、毎年1月末ごろ帯広市で開催される「おびひろ氷まつり」
地元民だからこそ知る、この素晴らしいイベント。この機会に多くの人に知ってもらえたらと思って記事を書きます。

目次

おびひろ氷まつりとは?

豚丼の発祥地や十勝川温泉があるとして、ちょこっと有名な帯広市。とても都会ではありませんが、自然を大切にしながらも生活に不自由のない程度に栄えたところです。そんな帯広市の緑ヶ丘公園(地元民はグリーンパークと呼ぶ)で、毎年1月末の3日間、おびひろ氷まつりが開催されます。

札幌雪まつりほど大規模ではありませんが、雪で作った大きな滑り台はもちろん、その時に流行ったキャラクターなどの雪像や十勝ならではの出店もあり賑わっています。これだけ聞くと、札幌雪まつりの帯広版みたいに感じるかもしれませんが、おびひろ氷まつりの醍醐味はその名の通り「氷」なのです。

美しい彫刻に心を奪われ

入り口から会場中心部までまっすぐ続く道には、自分より背の高い氷の彫刻が数十体ずらっと並んでいます。
龍や神話に出てくるような天使など神々しい彫刻。それをただの氷の塊からチェーンソーなどで削って作り上げただなんて、凄すぎます。周囲のライトの光がちらちらと当たるたび光り輝き、宝石を眺めているような感覚です。

帯広は海と山に囲まれていることから気候がかなり厳しく極寒の中でのお祭りですが、寒さを忘れて、氷の彫刻一体一体の前に立ち止まらずにはいられないほどの作品に心を奪われます。プロの職人さんや自衛隊、ボランティアの方が一体ずつ手作業で作り出す氷の幻想。それだけ手が込んでいるのに、日に日に溶けてしまうがため、3日間だけの開催なのです。

身も心もほっこり

氷の世界を抜けると、地元の子供達が作った絵や作品、氷のキャンドルで彩られたホッコリする空間へと移動します。
その一角に何故かポツンとある小さなお化け屋敷。なぜか理由は解りませんが毎年あって、これを目的にやってくる人がいるほどに人気があるのです。私は入ったことありませんが、極寒の中でさらに背筋の凍る思いをしたい方は是非。

雪景色と美しい氷の世界で心が温まったら、次は身体を温めましょう。
会場の中心部には、十勝の牛乳を使用したホットミルクやココアや、じゃがバター、ジンギスカン、甘酒やビールなど飲食の出店があり、家族連れでもゆっくりできるようテーブルと椅子が並べられています。

どうぞ帯広に

周りに広がる景色を眺めながら身体を温め、帰りがけに再度氷の世界を満喫して感想を伝え合いながら帰路へ。
言葉だけであの美しさを表現することはとても難しいので、ぜひ足を運んでみてほしいです。

ネットで検索するとすぐに出るので、画像を見て少しでも興味が湧いてくれたら、氷まつりだけでなく他にも魅力満点な街なのでいってみたいと思ってもらえたら、幸いです!

※画像はイメージです。
※もしも画像をお持ちの方がいればご提供をお願いします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

目次