「産直工房きたる」羽幌での海の幸の買い物はここ!!

羽幌町には海産物を扱うお店がいくつもありますが、私がお勧めしたいのはここ「きたる」さんです。
海の匂いと潮風が感じられる羽幌港の中央ふ頭にお店はあります。

日本海の珍味が色々並んでいます

入り口を入ると右手にデーンと冷蔵庫があります。
覗いてみると、天塩のシジミ、苫前産直の八角、カスベやカジカの唐揚げ、羽幌の甘エビのキムチや塩辛の姿が見えます。

うわっ、干しガレイだ!! これ、出汁もとれるんだよなぁ~♪と裏を見たらカナダ産でした。

気を取り直して別な棚を見ると、天塩シジミラーメンが!!
しじみの名産地天塩町のシジミを具に使ったシジミの風味が楽しめるインスタントラーメン。

天塩がシジミなら、羽幌はやっぱり甘エビだべさ~、っという事で、対抗は羽幌の海老だしラーメン。
羽幌沖で撮れた甘エビの出汁が効いて、さらに海老の旨味油もついて風味がアップ。
塩味、醤油味が楽しめます。1袋340円は、この贅沢な内容では高くないと思いますよ~。

意外な商品にも出会えるんです

この辺りで昆布と来たらやはり利尻昆布が有名。
しか~し、ここ羽幌にも立派な昆布があったんですね。
肉厚でカッチリした昆布は、良い出汁をとらせてくれそうな予感(^^♪

羽幌は実はホタテの生産にも力を入れていて、帆立のタネから稚貝に育て、そこからじっくりと厳寒の海で成長させたその身は、身が締まってプリップリで甘みが強い!!
羽幌のホタテの稚貝は質が良いので、オホーツクや東北のホタテ生産地に出荷されているんですって。

で、私が知らなかったのがこれ。

羽幌のお隣の町・初山別は、なんとフグの産地だったんですねぇ。
しかも養殖じゃなくて、天然ものの真フグが獲れるんですって!!
その天然フグから出しをとった蕎麦つゆとラーメンスープがありました。(下の段の甘えびカレーも気になりますね)

やっぱり最後はこれでしょ♪

ここまで、きたるさんで販売されている海の幸を紹介してきましたが、羽幌と言ったら絶対にはずせないのがこれ!!
そうです。羽幌沖で漁獲された、味と食感抜群の甘エビ!!

漁期でない時期は冷凍ものが販売されていますが、しかし独自の冷凍技術で急速冷凍されたエビは、解凍時のドリップがほぼゼロ。
生ものと変わらない味と食感を存分に楽しむ事が出来ます。

いや~、それにしても、ここまでオロロンラインの海産物が一堂に会するとは凄い。
羽幌でお土産を買うなら、ここ「産直工房きたる」さんがお勧めですよ~!!

羽幌町 産直工房きたる 施設情報

住所;北海道苫前郡羽幌町港町1丁目36
電話:0164-68-7700
営業時間:9:00~16:00
定休日:木曜日