海・空・山、心のオアシス北海道へ

11月、北海道へ生まれて初めて行った。
新千歳空港に降り立って、私はすぐに深呼吸した。
恥ずかしげもなく、両手をいっぱいに広げて。
空気がほんのり冷たい。
そして、なにより目の前に広がる雄大な景色にわくわくした。

レンタカーで小樽へと向かう。
車内から見る景色は新鮮で、キレイで、私の心を鷲摑みにした。
窓を開け、11月の北海道の冬の匂いを嗅ぐ。
草の匂い? 海の匂い? ううん、北海道に匂いだ。
私のわくわくは止まらなかった。

小樽に着いた。
ノスタルジックな異国の雰囲気が漂っていた。

街燈がオシャレ。
石畳の歩道がステキ。
歩いている人、お店の店員さん、地元の人、みんな優しい笑顔をしていた。
街が、そうさせているのかな・・・

ランプがたくさん飾ってあるカフェへ行った。
薄暗い店内、アンティークなテーブルや椅子、素敵なカウンター。
どれをとっても溜息が出るほど素敵すぎる。

ピアノの生演奏を聴きながら、温かいコーヒーを一口。
程よい温度のコーヒーが喉を通っていく。

目を閉じる。
ピアノの音が笑顔にさせる。
最高な時間。贅沢な時間。忘れられない時間になった。

次に行ったのはオルゴール館。

独特な音が出迎えてくれる。
静かな、懐かしい気持ちにさせてくれる音。
本当に心地いい。

 

何は百年も前のオルゴールをみせてもらった。
コトバも声もでなかった。
ただ、黙ったまま見入ってしまった。

不思議な空間でひと時を過ごし、オルゴールを購入。
きっとまた私を癒してくれるにちがいない。

夜、小樽運河へ。

レンガ倉庫がまた情緒があり、運河の存在を引き立てる。
歩いてるだけで素敵な気持ちになれる。

絵をかいてる人、カメラを構える人、それぞれの楽しみ方をしている。
ゆっくりと流れる時間の中で、日ごろの忙しい毎日がウソのように感じた。

こういう時間、だれでもみんな必要なはず・・・
現実逃避をするのではない。
ただ、心に休息を与えるんだ。

心に効く薬は、深呼吸する音が聞こえるくらい自分と向き合う時間。
日ごろのバタバタの中では感じない、気づかない音。
私はこの時間で救われた。

ホテルに着き、体の充電。

明日はどこに行こう?
決めてないのがいい。
この広い北海道で、必要なのは計画じゃない。
地図だけ。

行きたいと感じた場所へ・・・どこへ行ってもハズレはないから。
自分時間を満喫しよう。

みぃ
広島県在住の会社員です。
旅行が大好きで日帰り、泊まりも含め毎シーズンごとに行っています。
心のオン・オフをしっかりつけながら、自分の時間を満喫しています。

北海道旅行記・手記の最新記事8件