函館「100万ドルの夜景」に負けない!札幌で夜景を楽むのなら「藻岩山」

北海道の夜景といえば、「100万ドルの夜景」と言われる函館が有名ですが・・・・札幌にも、函館に負けないぐらいの夜景の綺麗な場所があります!
それは札幌市の郊外に位置する藻岩山です。

藻岩山は、札幌駅から地下鉄と路面電車を乗り継いで30分ほどで、ややアクセスの不便さはありますが観光で訪れているのであれば、あまり見かける事のない路面電車での移動は間違いなくテンションあがるはずです。

訪れたのは夏で爽やかな北海道の自然を満喫しながら、藻岩山のロープウェイに乗って山頂を目指しました。
ロープウェイを使う以外に整備された山道もあって、登山が好きな方々が歩いて山頂まで登る姿もちらほら見られました。

ここで一つ注意しなければならないのは、ロープウェイでは藻岩山の中腹までしか行けないという点です。
中腹の駅で「もーりすカー」なる、ケーブルカーに乗り換えて、山頂を目指さなければなりません。
ロープウェイと違って山の斜面を走るので、景色は今ひとつ楽しめませんが、珍しい乗り物なのでワクワクします。それと思ったより速くてあっという間に山頂まで到着して驚きます。

2つの乗り物を乗り継いで山頂に着くと、札幌の夜景を一望できるとても綺麗な光景が広がっています。
この札幌の夜景は長崎と北九州と共に日本新三大夜景の一つだそうです。
札幌の街並みは京都の条里制をもとに作られており、道がまっすぐ碁盤の目のように通っており、はっきりとわかるこの夜景はまさに圧巻です。

札幌駅のJRタワーにある展望台からも札幌の景色は見渡せますが、それより更に高い位置から望む藻岩山の夜景は、南は東豊線の終着駅である福住の札幌ドームや、北はモエレ沼公園のあたりまで見渡せます。

曇っている時には景色があまり良く見えませんが、藻岩山ロープウェイのホームページにある展望台のライブカメラから、山頂の景色を簡易的に映してくれているのでそれを参考にするのも良いかもしれません。しかし実際目で見る景色に勝るものはありません!

中腹駅や山頂駅にはレストランや売店もあり、綺麗な景色を見ながらの食事であったり、お土産を買ったりすることができます。
山頂駅にはプラネタリウムもあって、夜景の後に一時の星間旅行な気分にも浸れます。
もいわ山のマスコットキャラクター「もーりす」グッズも売っていて、ゆるキャラ好きの方は大喜びですね。

札幌で夜景を楽しみたいのであれば、頂上からの景色は圧巻なので是非一度訪れてください!

この記事どうでした?
  • 面白かった (0)
  • 面白くない (0)