ザランタン芦別で、北海道の大自然の中、快適なグランピング!

2021年9月上旬、10月には肌寒くなってくるので今年最後の夏の思い出にと、芦別市にあるグランピング施設「ザランタン芦別」に行ってきました。

芦別市とは?

札幌から道央に向かって車で約3時間、空知管内にある芦別市。
人口は約1万5000人の小さな町ですが、その分の自然の豊かさはお墨つきです。

市のキャッチコピーは「星のふる里」、その名の通り何も遮るもののない星空は最高にきれいな場所でした。

ザランタン芦別はどんな施設?

そんな自然豊かな芦別市内にある「ザランタン芦別」ですが、今年7月に新オープンしたばかりの新しい施設とあって、グランピングメインのテントもなどの設備も屋外にあると思えないくらいきれいです。

テント内は電化製品の利用も可能で、備え付けのケトルでお湯を沸かすこともできます。
入り口が完全に閉まるタイプのテントなのでテント内は虫の心配もありませんし、何より人気インスタグラマーとコラボして作られたという内装はクッションや絨毯、小物まで拘って作られており、童話の世界に入り込んだようで思わず声をあげてしまうほど。
お手洗いは外にありますが、洋式も完備されており、小さいお子様がいる方も安心かと思います。

また、敷地内では昼間は野草を積んでスワッグを積んだりちょっとしたアクティビティーも開催され、夜は芦別ならではの星空体験。
敷地内の広場には焚き火とキャンピングチェアが用意されているので、星空を見上げながら焚き火で焼いたマシュマロを頬張ることもできます。

お風呂は近隣のホテル(徒歩10分程度)のおふろカフェ星園の入場チケットがもらえるので、ゆっくり過ごせますよ。

ザランタン芦別の食事

夜ご飯と翌日の朝ご飯が料金に含まれており、夜は備え付けの焼き台(火起こし不要で簡単!)でバーベキューを楽しめます。
食材の持ち込みもOKなので、道の駅で買ったお肉も一緒に食べましたが、備え付けの食材が思ったより多く食べ切れないほどでした。女性グループでいかれるのであれば食材の買い足しは必要ないかもしれません。

朝はパンとサラダの軽食ですがこちらもしっかりと満腹感がありました。
飲み物だけは含まれていないので、お酒などは持ち込まれることをお勧めします。

実際の感想

キャンプなどの自然を感じられるアクティビティに憧れるけど、テントで寝るのはつらいし、道具も持っていない…そんな私たちにぴったりの場所でした。

森の中でのバーベキューや星空をゆっくり見上げたり、普段はできない体験をした後に面倒な後片付けに慌てることもなく、ふかふかのベットでぐっすり眠れる。
こんなに幸せなことが他にあるでしょうか?

今回は女性4人での旅行でしたが、大切な人と訪れるのも楽しそうです。
他のグランピング場も開拓したくなりました。

スポーツ・アウトドアの最新記事8件